犬のトリミング

資格は取得しておいた方が就職と言う面でも有利です

トリマーになるには国家資格は要らないので必ず必要と言う資格は有りません。資格が無くてもペットのトリミングは出来るのです。ご自宅でだって飼い主さんがペットのトリミングをするのと一緒の感覚ですね。

 

しかし正しい知識と技術を持つと言う意味でも民間資格が有りますので、資格は取得しておいた方が就職と言う面でも有利です。トリマーの資格の種類に何が有るか挙げてみたいと思います。

 

【JKC(ジャパンケンネルクラブ)公認】
日本で最も有名な団体がJKCになります。ここから公認としてトリマーライセンスが発行されています。この団体のライセンスを取得する為にはJKC公認の専門学校に入学して勉強するのが近道となります。ここでライセンスを取得する事で有る一定基準の技術を要しているとみなしてくれます。資格にはC級、B、A、教士、師範と言った種類に分かれています。飛び級で摂る事は出来ず、下から順に経験年数と技術と知識で習得して行く事になります。日本ではB級トリマーが多いと言われています。

 

【JDA(社団法人日本愛犬技術者指導協会)認定】
JDAが認定しているトリマーのライセンスが有ります。専門学校も全国に多数有ります。専門学校で卒業をしたと同時に1番下の資格を取得したとみなされます。そこから2年間の経験を積んで1級ライセンスを目指して行く事になります。

 

【ICC】
犬のトリマーではなく猫のトリマー(猫の場合はグルーマー)の資格になります。認定学校が有り、そこで勉強して試験に合格する事で取得する事が出来ます。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

 

トリミングとグルーミングは何が違うのでしょうか?

よくペットを飼っている方、特に犬を飼っている方は「トリミング」をすると言う言葉を使いますよね。これはペットのお手入れをする事を指していますが、その他にもペットのお手入れをする事で「グルーミング」と言う言葉も有ります。この「トリミング」と「グルーミング」、何がどう違うのでしょうか。違いを挙げてみたいと思います。

 

先ず「トリミング」についてですが、犬の身体全体のバランスを取る為に色々な技法を使って被毛を整えていく技術の事を挿しています。例えば毛を抜くプラッキング、バリカンやクリッパー等で毛を刈りながら形を作っていく事クリッピング、ハサミなどで毛を切っていくカッティング等の事になります。トリミング、「トリム」と呼ばれているそうです。

 

犬種によってそのトリミングの仕方は違いますが、特徴をきちんと出してキレイにする為に被毛等を取り除いていく事を目的としています。次に「グルーミング」ですが、犬に行う被毛のお手入れの全体的な事を指しています。ですからトリミングもグルーミングの1つと言う事になります。犬をキレイに形作るだけじゃなくて、清潔に保つ事を目的としている事になります。

 

どちらにしても犬をキレイにする事には変わりありません。ショップによっては同じ意味として捉えている所も有ります。グルーミングとトリミング。ペットをお手入れする為に欠かせない事の1つになりますので、是非行ってあげる様にしてくださいね。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?