犬のトリミング

真剣に取り組まないと出来ない職業ですね

ペットブームを受けてトリマーになる人も多くなってきています。トリマーになる為には専門学校に入学して学ぶのが一番の近道だと思います。トリマーは国家資格では有りません。

 

ですから必ずしも学校に入らなくてはいけないと言う事は有りません。しかしペットの美容室で就職するには民間でも資格が有る無いでは全然有利さが違いますので、しっかり働きたいのであれば資格を取った方が良いでしょう。

 

昔はトリマーの専門学校等無かったのでトリミングを行っている所で働きながら技術を覚えていくと言うのが一般的でした。また国家資格ではないと言う事ですので、授業内容のカリキュラムにも学校によって差が出てくると言う事になります。

 

トリマーには学科と技術を勉強しなくてはなりません。トリマーになるにはトリミング技術だけではいけません。動物に関しての知識も有る程度は必要なのです。こうした事も学校では教えて貰えますので独学よりは効率的に覚えていく事が出来ます。

 

学科ではどういう事を教えてくれるかと言うと、ペットの飼い方、動物に関する動物学、動物の栄養学、獣医学、トリミングに必要な美容論、法律を教えてくれます。実技に関してはトリミングを犬種毎、毛の種類に応じて覚えていく事が出来ます。

 

犬種によってはトリミングをする事が義務付けられている物もいるそうで、トリミングをしないと純血種として扱われないそうなのです。これはスタンダードと呼ばれる形で、プードルやシュナウザーがこれに該当します。こうして学んでいき、資格を取り、一定期間美容室等で働き、やっと就職と言う事に繋がって行きます。真剣に取り組まないと出来ない職業ですね。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

 

トリミングで使われる用語

あまり一般的に使われる事は有りませんが、トリミングで使われている言葉には色んな用語が有りますので参考程度にご紹介してみたいと思います。ペットを飼っているご家庭でトリミングに出している方もいるでしょうから、知っていると良いと思いますよ。

 

【アンダーコート】
柔らかくて密集して生えている毛で、下毛の事を指しています。寒冷地で生まれた犬の場合は自分の体温を下げない為にも二層に被毛が生えているのです。

 

【オーバーコート】
先程のアンダーコートの上に生えている毛の事を指しています。

 

【イヤー・フリンジ】
耳に生えている飾り毛の事を指しています。

 

【クリッピング】
バリカン等を使って毛を抜いたり刈ったり切ったりして、ペットの毛の形を整えていく事を指しています。

 

【ラッピング】
長い毛の犬に使われている手法ですが、少しずつ毛を紙に包んで束ねていく事を指しています。これにより汚れや傷から守る事が出来ます。

 

【シェービング】
これは人間の「剃る」と言う事に該当する物で、カミソリを使って毛を剃る感じで切っていく事を指しています。

 

【ストリッピング】
ストリッパーと言う道具を使って毛を抜いていく事を指しています。

 

【チッピング】
毛先を整える感じで少し切っていく事を指しています。

 

【トリッピング・オフ】
背中や顔などにはみ出してしまっている毛を手で抜いていく事を指しています。

 

【換毛期】
動物の毛が生え換わる時期の事を指しています。夏前の換毛期には毛が抜けていきますし、冬前の換毛期には毛が新しく生えてきます。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?