犬のトリミング

1本切ったらおやつをあげる等して犬にとっても良い事を

ご自宅でペットを飼っているでしょうか?トリミングは定期的に行っているでしょうか?ペットのトリミングで爪のお手入れが有りますので、どうしたら良いか挙げてみましょう。

 

爪のお手入れをする際、犬が嫌がったり、切りすぎて出血させてしまったりする場合って結構多いと思います。だから自分で爪のお手入れをするのは嫌だなぁと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

犬の爪の内側には血管や神経が通っていますので、切りすぎには注意をしなくてはなりません。失敗してしまうと犬が暴れたり鳴いたりして、次に爪を切る際は嫌がってしまうからです。正しい爪の切り方としては、爪を透かすと血管がピンクに見えると思います。

 

その3ミリ位上の部分を切る様にすると良いでしょう。但し、黒い爪をしている犬は血管が透かしても分かりません。ですから少しずつ慎重に切っていく手探り方法しかありません。爪切りをするタイミングとしては月に1〜2回位を目安にしてあげると良いでしょう。

 

爪を伸ばし続けると自分の肉球を傷付けてしまう事が有ります。そうなると歩く事自体困難になりますので、定期的に切る様にしてあげてください。また、爪切りも犬にとってはストレスになる事です。

 

無理矢理じゃなく、1本切ったらおやつをあげる等して犬にとっても良い事をしてあげましょう。また1日に1本と言うペースでも良いと思いますので、様子を見ながらお手入れしていきましょう。コミュニケーションを取りながらトリミングをする事で絆も生まれてくるかもしれませんよ。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

 

ペットのトリミングについて

動物が自分自身の毛を繕ったり、羽を繕ったりする事を「グルーミング」と呼んでいます。そして人間が犬等のペットに対して手入れをする事を総称して「トリミング」と呼んでいるのです。

 

「トリミング」については人間の美容院と同じ感覚で、ペット用のハサミやバリカン等を使って毛並みをカットしたりセットしたり、スタイリングしたりして毛並みを整えていきます。これは「グルーミング」の中の1つと思って頂いて良いのです。では何故ペット(主に犬)にグルーミングやトリミングをする必要が有るのでしょうか?

 

グルーミングは単にきれいにする美容目的だけでは有りません。健康上においても必要性が有るのです。定期的にペットのお手入れをする事によって、ペットの身体は清潔に保たれます。結果的に病気にかかりにくくしたり、見た目もスッキリと整えてくれるのはやはり必要だと言えるでしょう。

 

そして犬の毛を整えるだけではなく、トリミングでは耳のお手入れ、爪のお手入れ等も一緒にしますので、健康チェックも出来る様になります。特に犬を始めとしてペットとなると大抵は限られた場所で暮らす様になりますので、家にいる事が多くペットにとってストレスを感じる状態になるかもしれないのです。

 

そんな状態が身体にどんな影響を及ぼすか分かりませんよね。ペットを飼う際には健康的な事も含めてトリミングで定期的にお手入れをしてあげる事が大切となります。特に犬は人間が長年をかけて手を加えて作り上げてきた動物と言っても良いでしょう。

 

自分で毛づくろいをする能力自体は有ったとしても、自分で身体をキレイにする能力はあまり有りません。ですから、飼っている飼い主が責任もってグルーミングやトリミングをしてあげる必要が有るのです。

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?