犬のトリミング

洗う際は素早くストレスをかけない事が大切

犬のトリミングの1つにシャンプーが有ります。シャンプーはキレイになるから気持ち良いのかと思いますが、意外にもシャンプーは犬にとって結構なストレスである場合が多いのです。ですから犬の機嫌や体調が良さそうな時にパパッと素早く洗ってあげる事が必要なのです。

 

ですから早く終わらせる為にもリンスとシャンプーが一緒になったシャンプーを使う事をオススメしたいと思います。またシャンプーも人間用のはペットにとっては刺激が強いですので、ペット専用、犬専用のシャンプーを使う様にしてください。

 

シャンプーをする前にブラッシングをします。丁寧にブラッシングすると毛が絡まりにくくなりますのでシャンプー自体もすんなり行える様になります。そして洗う時にはガシャガシャと洗うのではなく、マッサージする様に優しく揉み込んで洗いましょう。

 

特に気をつけたいのは顔を洗う際ですが、目にシャンプーが入らない様に注意しましょう。洗い終わったらすすぎですが、皮膚や毛にシャンプーが残らない様に、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。肉球の間や指の間等、見落とさない様に流しましょう。

 

ペットはあなたにとって大切な存在ですよね。いつまでも元気に健康で暮らしてもらう為にも、月に1回位はシャンプーをしてあげる事、洗う際は素早くストレスをかけない事が大切となります。また、たまにはトリミングに出してプロに洗ってもらうのも気分が変わるので一つの方法ですよ。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

 

【準備】
・肛門腺を絞る為にお尻を濡らします。肛門絞りは臭い作業なのでシャンプーをする前に行いましょう。絞り終わったらしっかりと洗い流しましょう。

 

・シャンプー液を使用する場合、使用するシャンプーの説明書をよく読み、適切な量で薄めます。犬がどれだけ汚れているかで調整してくださいね。また薄めないタイプのシャンプーを使う時にはボトルを少し温めておきましょう。冷たいまま直接犬にかけない様にしてくださいね。

 

【シャンプー】
・身体全体を濡らして地肌までしっかりと濡らしましょう。この時お湯はお尻から心臓へと、心臓から遠い方からかけていくのがポイントです。シャワーヘッドを身体にくっつけてあげると良いですよ。

 

・目やにが固まっている時は、水で少しずつ湿らせてふやかしてから取る様にしましょう。決して無理には取らないでくださいね。

 

・背中、手、足、お尻の順で身体を洗っていきます。口、鼻、耳にお湯やシャンプーが入らない様に注意しましょう。汚れをキレイに落とす為にも、上から下へ洗っていく様にしてくださいね。また毛だけじゃなくて地肌から洗い流してください。これは人間も同じですよね。

 

・出来れば2度洗いにした方が、仕上がりに差が出てきますよ。

 

・シャンプーが身体に残らない様に、シャワーでしっかりとすすぎをしましょう。

 

・リンスをかけて、洗い流すとシャンプーの終了です。この時リンスは使い過ぎない様にしましょう。

 

ペットのトリミングは自分でも出来ますので、しっかりと手順を覚えて愛情を持って行ってあげてくださいね。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?