犬のしつけ

トイプードルの販売業者に聞いてみよう!

ペット販売の危険に合わないようにするためには、次のことを確認するといいです。あなたが気にいったトイプードルをどこの店から購入するにして、トイプードルの販売業者が次のようなことには答えられなければ駄目だと思います。

 

親犬についてきちんと教えてくれるかどうかを確認します。子犬について知りたければ親の性格や毛色や大きさなどを聞くと参考にすることができます。子犬の状態では先の姿がわかりにくいので親の情報を聞ききちんと答えられる販売業者でなくてはいけません。

 

ワクチン接種状況についてきちんと答えられるか確認します。感染症にその子がかかってしまっているか判断するには潜伏期間として10日から14日くらいあります。この期間をクリアできているのかどうか、ワクチンの接種ができているのかどうかを確認します。

 

早期販売をしていないか確認します。親兄弟と過ごす社会化期をきちんと過ごしたかどうか確認します。社会化期はとても大切な時期です。社会化期についてきちんとその大切さを理解できているブリーダーかどうかです。

 

きちんと理解できていてその子をかわいがってくれているブリーダーならば、生後45日未満で早期販売することはないはずです。このようなことをチェックして、良質なペットを購入できるように買う側も注意しましょう。

 

とにかくペットについてきちんとその子のプロフィールを答えられるようなお店からしか購入しないようにしてください。

 

⇒ トイプードルお手入れ動画

 

ワンラブ

ペットショップの「ワンラブ」は愛知県、静岡県、三重県、長野県、岐阜県と東海エリアで店舗を構えて子猫や子犬の販売をしているショップです。

 

長野県のアリオ上田店では長野県最大級の展示頭数で多くのペットを販売しています。特許取得済みの展示ルームを60室も完備しており、常に60頭の子がいます。ペット関連グッズも充実していて、プロのトリマーの作業を見ることができるオープンスペースになっているトリミングルームも完備しています。

 

他にもワンラブでは、ペットのホテルサービスや交配サービス、動画サービスなどを行っています。リアルタイムでどこの店舗のどの子犬や子猫でも動画を見ることができます。例えば気にいったトイプードルが遠方の店舗にいた場合は、近くの店舗に行けば動画でそのトイプードルの様子を見ることができるわけです。

 

補償サービスとしては、6ヶ月以内に病気が原因で死亡してしまった場合には同種同等の代替犬をもらうことができます。返金特約を5,250円で付けておくと、代替犬の代わりに現金で返金してもらえます。

 

医療保障に加入していれば、6ヶ月の補償が1年になります。3年間の事故補償をつけていれば、補償期間中に散歩中の事故や誤飲などによって死亡してしまった場合、同等価格のペットを半額でもらうことができます。

 

その他ペットに関してのトラブルについて相談に乗ってもらえる行政書士相談サービスもあります。東海地方で複数の店舗を経営しているので、多くの子犬たちの中からお気に入りの子を探すことができますし、アフターフォローもしっかりしているので安心して利用できると思います。

 

⇒ トイプードルお手入れ動画

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?