犬のしつけ

事実を知った上で注意深く見て探す

ペットショップの店頭で販売されているトイプードルやその他のペットたちで起こりうる問題点・危険性を指摘します。

 

不特定多数のブリーダーから早い時点で仕入れてしまって店頭に陳列しペットを販売している場合、トイプードルやペットたちの最も怖いところである感染症の危険があります。
感染症になっていることを知らないで陳列して販売している場合、健康な子犬にも感染させる危険がありますし、そのままお客さんに販売してしまう危険もあるのです。

 

またトイプードルの例を見てもわかるように子犬たちの生後12週間くらいまでは社会化期でもっとも大切な時間なのです。この間に親兄弟と触れ合って学習させないとしつけがうまくできなくて問題行動のある子になってしまいます。

 

しかしながら実際には店頭に生後45日未満で陳列されている割合が60%以上もあるそうです。これは問題のある子を育てて結果捨て犬や捨て猫を生んでしまう要因になります。

 

店頭では狭いケージの中に入れられて多くの人間たちに見られて、運動不足の上にストレスが重なって結果として病弱な子になる確率が高くなってしまうのです。店頭陳列販売にはこのような問題点もあるのです。

 

ネットショップでもオークションから仕入れるなど、同じ危険が発生します。ペットたちの早期引き渡しの禁止をしなければならないのです。こういった問題があるといことを知った上で購入を検討するようにしてください。

 

現状起きていることを知らないでペットたちを探すのと、事実を知った上で注意深く見て探すのでは全く違います。

 

⇒ トイプードルお手入れ動画

 

シンシアdog-house

東京都世田谷区に店舗を構えているペットショップ「シンシアdog-house」の紹介です。

 

トイプードルやティーカッププードルなどを販売しているお店です。小型の犬種のみを取り扱って販売している総合ショップです。トイプードルやティーカッププードルなど小型のプードルがショップ内で常時30匹以上遊んでいます。年中無休で営業していて、営業時間は11:00〜19:00となっています。

 

東京都八王子市にある犬舎では、アメリカで長年かけてブリーダー業をしてそこでつちかった小型化された遺伝子を日本に受け継いで育成しています。健康で丈夫な小型のプードルを販売しています。

 

こちらは小型プードルの犬舎としては東京地域で最大級の規模を誇っています。予防接種などもきちんと行い、ドックラン複数所有しているので犬たちを毎日きちんと運動させてあげることができます。仔犬の親を見てもらう見学については積極的に行っています。

 

販売後のアフターケアもしっかりとしていて、健康相談やしつけ相談、交配や出産相談などに対応します。売りっぱなしではなく、その後のフォロー体制も組んでいます。引き渡し後1週間経過した時点で、無料で犬の健康確認を行います。

 

食事や生活状況など質問を受け付けて説明しています。しつけがうまくできなくてわがままな犬になってしまった場合など、無料でしつけ教室に参加できて問題点を調べて対処と説明をしてくれます。買ったあとも安心して利用できるペットショップだと思います。

 

⇒ トイプードルお手入れ動画

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?