犬のしつけ

トイプードルにはかかりやすい病気があります

トイプードルにはかかりやすい病気があります。そのため販売後半年間や1年間の生命保証をつけて販売しているのです。

 

悪徳業者の場合は、病気になっているトイプードルを送りつけてきて、販売後のケアは一切なくそのままトイプードルがなくなってしまうこともあります。トイプードルの病気についてどのようなものがあるのか知識を持っておくことが必要です。

 

トイプードルは足腰が弱いです。そのため「膝蓋骨脱臼」や「椎間板ヘルニア」などに注意しなければなりません。「白内障」や「緑内障」といった目の病気もあります。「歯周病」などの歯の病気にもかかりやすくなっています。

 

「膝蓋骨脱臼」というのは、膝の関節にあるお皿が本来ある場所からずれてしまって足が痛くなるものです。足を痛がっている様子や、足を引きずっている様子が見られたらこの病気を疑ってください。

 

小型犬の場合は膝に負担がかかりやすいので、脱臼より症状が軽めの亜脱臼になることがよくあります。「椎間板ヘルニア」というのは、跳んだり体をねじったりすることなどの激しい運動や老化による骨のもろさによって脊髄のクッション的役割をしている椎間板に負担がかかって損傷するものです。

 

椎間板の損傷によって内部の髄核が出て脊髄を圧迫することで痛みを感じます。いずれの場合も、飼っているトイプードルが普段と違っている様子を見せたり痛がっている様子が見られたりしたらすぐに専門家に診せて対処するようにしてください。

 

このような病気にかかりやすいことを知っているだけでも対処を早くすることができると思います。

 

⇒ トイプードルお手入れ動画

 

かかりやすい病気はまだ他にもあります。トイプードルについて知っておきたいこととして挙げておきます。トイプードルでは頻繁に繁殖が行われているので、販売された時点ですでに病気を持っている遺伝的原因によるものも多く見られます。

 

中でも皮膚や目の病気に関しては注意した方がいいです。購入する際に、販売業者にトイプードルの病歴などについても確認しておくことが大切です。

 

「皮膚疾患」としては、アレルギー性皮膚炎とかアトピー性皮膚炎が子犬のころに発症しやすい病気です。遺伝性の他にも体質によるものがありますから、小さいころから食事で体質改善するなどして治していくことになります。痒がったり脱毛症状がでたりしたら、これらの疾患を疑った方がいいと思います。

 

目の病気として「眼瞼内反症」があります。眼球に傷がつきやすくて涙があふれたり目が充血したり角膜炎になったりします。成長につれて治る場合もあります。まぶたの内側がめくれるようならばこの病気を疑って一度受診した方がいいと思います。

 

もう1つ目の病気として「流涙症」があります。涙がでてしまうことで目の周りに湿疹ができたり毛が変色したりします。目と鼻をつないでいる管が細いことや詰まっていることなどが原因として考えられます。食事による影響もあるので、様子を見ながら食事療法を行うことも有効的な治療法です。

 

発作的なものとして「てんかん」があります。生後半年から2歳くらいの子犬に発症しやすいのが特発性のてんかんです。脳の細胞の働きになんらかの異常が起きた場合、突然けいれんを起こしたり泡をふいて倒れたりして発作を起こします。発作が出始めたころは短時間で終わりますが、だんだん回復するまでに時間がかかるようになります。

 

睾丸が降りてこない病気が「停留睾丸」です。お腹の中のどこかでとどまってしまって睾丸が降りないのです。長時間放置することでガンになることがあるので、半年ごろには手術が必要です。

 

⇒ トイプードルお手入れ動画

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?