犬のしつけ

犬は年を取ってもしつけを守ろうとします

犬の年齢は人間よりも早いことはどんな人でも知っていることでしょうが、どんな差があるのか知っていますか?おおよそ5倍程度なのではないでしょうか?

 

もちろん、人間でも年齢に似合わす若い人や老けている人はいますから、犬でも個体差があります。同じ年月を生きていても衰え方は同じではないのです。また、犬の場合は種類によっても平均寿命が異なっているのです。

 

老犬になると体が思うように動かなくなるのです。散歩さえも出たがらなくなるのです。そんな犬にはトイレがちょっと難しいです。犬自身はトイレをしつけされていれば、それを守ろうとするのですが体が思うように動かないのです。

 

人間と同じようなものだと考えてください。老人ホームなどでは紙おむつを付けた老人がいるのです。みんなトイレのことは理解しているのですが、漏らしてしまったりすることがあるのです。

 

犬は年を取ってもしつけを守ろうとします。それは自分の習性と思いますよ。体の中にしみこんでいるのです。あなたの飼い犬がお漏らしをしたりしたならば、それは何らかの異常と考えるべきだといえるでしょう。

 

まだ老犬と言うには若いのであれば、病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の可能性もあります。注意深く様子を見守りましょう。そして必要ならば獣医さんに診てもらうのです。

 

犬の気持ちは人間にはわかりません。それでも外から見た様子で分かることもあるかもしれません。長年飼ってきたペットだからこそ分かることがあると信じましょう。トイレは失敗するとすぐにわかりますから、その点では異常を見つけやすいではないでしょうか?

 

 

犬のトイレの役割

犬はしつけにより人に迷惑をかけないようにすることができます。そのなかでもトイレはしつけの問題として非常に重要です。それが飼い主になる為の一つのハードルの役割をしているといってもいいんでしょうか?

 

これを乗り越えられなければレベルアップは見込めないのです。勿論、犬のトイレのしつけは簡単ではありません。それでもしつけておかないと後から面倒な事になりますね。部屋の中のどこででもおしっこをしたりしますので、楽しく触れ合う時間がなくなってしまうのです。

 

あなたは可愛いワンちゃんだと思っていても、しつけは必要なのです。犬はしつけられることによって立派なペットわけです。そのことを飼い主として理解しておきましょう。犬のトイレがなかなかうまくできないのであれば、それは飼い主のやり方が間違っていると思いましょう。

 

インターネットなどで相談してみるといいと思います。あなただけではなく、多くの人が相談しているのですよ。誰でも悩んでしまうでしょう。犬を飼うのが初めてならば、知らないことばかりなのです。

 

どんどん質問をしましょう。書籍などを購入し知識を得ることも大事なのです。私たちは犬をよく見かけますから犬の事を知っている気でいるみたいです。しかし、飼ってみるまでほとんど知らないことに気づかされます。

 

これからでも遅くありません。トイレのしつけを頑張ってみましょう。飼い始めてから2,3年経っていてもしつけはできます。トイレのしつけをする事で、もっと犬と触れ合うことが楽しくなるんです。ペットと同時に成長しますからす。


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?