犬のしつけ

犬のトイレがうまくしつけられないと困っている

犬のしつけを考えてみたいと思います。かつては犬のしつけには体罰をしてもいいような感じでしたが、最近は叱るのでは無く褒めてやる方が良いとされていますね。これは人間の子供のことを言っているのであり、犬には適用されることになりありません。

 

もちろん、体罰は必要ありませんが、叱ることは重要なんです。多くの方が誤解しているのです。必要もない時に褒めてやることはないでしょう。

 

犬のトイレがうまくしつけられないと困っている人の相談をよく目にしますね。トイレだけの問題なのではなく、しつけ全般にいえる事なのです。犬には良いことと悪いことの区別がつきません。

 

人間の態度を見て判断しているのです。叱られたならばそれがしてはいけないことだったのだと判断します。トイレを別の場所でしたならば、叱らなければなりません。それはやってはいけないからです。

 

もちろん、犬に対して必要以上のストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を与える必要はありません。現行犯が大切です。昨日の行動を叱っても犬には意味がわかりません。

 

また、インターネットなどで犬のしつけを相談する時に、回答者がすべてただしいことを言っているとは思わないという事になりますね。どのような方でも勘違いしていることはあるのです。

 

複数の人の意見を参考にして、改善策を考えるようにしてください。現実問題として、今自分が犬のトイレで困っているのであれば、しつけ方が間違っている場合考えましょう。

 

やり方を変えない限り事態はよくなりません。犬は比較的単純です。問題がある時の解決策は決まっているのですよ。

 

 

犬のトイレの意義

動物の排泄行為には意味があります。もちろん、生命を維持していくための行動である事は間違いありませんが、それだけではなく、臭いによってテリトリーを示すことが重要なんです。

 

犬は人間よりも嗅覚が数段優れていますね。人間には分からないような匂いでも犬は嗅ぎ分けているのです。犬を飼っているとトイレのことで悩まなければなりません。トイレを禁止することなどできませんので、上手に処理してくれるように仕向けなければならないのです。

 

しつけにより同じ場所でトイレが出来るようになればしめたとなっています。子犬の時ならば意外と簡単にトイレを意識できるようになります。初めて犬を飼ったのであれば、どのようにしつければよいかを調べてみるのがお勧めです。

 

ペットの相談室では多くの人が犬のトイレのことで悩んでいます。うまくしつけられないのです。それはトイレのことだけではなく、しつけ全体が間違った知識で行われていることが多いでしょう。

 

ただし知識を持てば、その成果はすぐに見えてくるになるんです。犬を散歩(最近では、ちょっとしたブームになっていて、散歩コースなどを紹介したガイド本なども売られています)に連れて行くと、マーキングという行為をします。

 

これは自分の尿の臭いをその場所につける事で、テリトリーを示そうとしているのです。しかし、現代ではそれは迷惑行為だと言えるはずです。犬の飼い主ではない人にとっては勝手に人の家におしっこを引っかけられている為です。

 

どのような理由があれ、迷惑をかけているのは事実です。犬だけではなく、ペットを飼うと言うことは近所の人に迷惑になる可能性があります。そのことを十分理解しておきましょう。


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?