犬のしつけ

最近人気が高い出てきているトイレを紹介しましょう

犬用のトイレとして、一般的にはトイレシーツを利用しますよね。赤ちゃんの紙オムツ(紙オムツには、テープタイプ、パンツタイプなどがあり、子供に人気のキャラクターがあしらわれていることもあります)と同じ構造です。

 

トイレシーツは使い捨てですが、単価が安いためによく用いられています。最近人気が高い出てきているトイレを紹介しましょう。シーツタイプでは無くてボックス型です。お洒落なボックスの「ドギレット」です。

 

シーツではなくボックス型の意味はどこにあるのでしょうか?雄犬ともなれね足をあげておしっこをしますが、これがうまくいかないとシーツの周りにこぼれてしまうのです。また、マーキングをしようとしてトイレ以外の場所でもおしっこをしてしまうことがあるのです。

 

トイレに使用しているシーツは防臭剤が入っていますので、臭いはそれほどません。しかし、汚れが目立ちます。ボックス型であれば、内壁におしっこをしますので、外からは汚れが見えないという利点があります。

 

当り前ですが、部屋の他のところを汚す心配も必要ないでしょう。部屋の中に犬用のトイレが置いてあるのは当然なのですが、お客さんなどが来る時にはちょっとかたづけたくなるでしょうね。

 

その点ボックス型ですからおしゃれなインテリアにも見えてしまうのです。犬のトイレも進んだものですね。もちろん、犬自身も人間に可愛がってもらおうと思っているでしょう。動物である限り、トイレの問題は避けて通れません。

 

それでもできるだけ快適にしてやりたいと思いますのです。販売開始から需要が高く、製造元の予想よりも売れているなのですね。通販サイトなどで探してみてはどうでしょうか?

 

犬の遊び

ストレスを感じるのは人間だけではありません。室内で犬を飼っていると犬は行動を制限されているためにストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が溜まってきます。

 

そのために散歩をさせることが一番いいようです。子犬の時にはある程度人がいるところに慣れさせておいた方がいいかもしれません。そうしないと、自分が知らない人が来た時に敵意を持って吠え立てることになるのです。

 

犬にストレスが溜まるとトイレに顕著に表れてきます。それは人間と同じことですね。下痢(脱水症状に気をつけ、腹部を温めるのも良いとされています。食中毒や毒物が原因の下痢の場合には、下痢止めなどを服用しない方がいいでしょう)をしたり、便秘になったりしますのです。

 

犬のトイレを処理することは当たり前なのですが、その状態を観察しておくことも大切です。貴方の犬の健康の具合を知るための指針となるからです。犬の(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)発散として遊び道具を与えることもいいでしょう。

 

時として、犬は遊んでいるのに人間に取っては困った行動となるケースもあるかもしれませんね。例えば靴の片方を咥えて言って、どこかに隠してしまうとか、カーペットを噛んで破いてしまうというということなのですね。

 

犬に悪気はないですよね。しかし、こういう場合には別の遊び道具を与えましょう。犬にとっては靴が必要であるわけではなく、それに代わるものがあればいいのです。犬用の遊び道具はたくさん販売されています。

 

人間の赤きちんと同じなのです。ボールを投げると取りに行く犬はよく見かけますよね。ボールを咥えて取ってくることが楽しいかもしれませんね。いつも室内に入れてばかりであれば、犬に取って居心地よい場所そうはいってもないのです。飼い主との触れ合いの一つとして、公園などで遊んでやるようにしましょう。


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?