犬のしつけ

種類によっては方法がちょっとずつ変化するもの

犬のしつけでは種類によっては方法がちょっとずつ変化するものです。しかし、犬全体としてみれば、大差ないと考えてよいでしょう。また、しつけの中でトイレが重要だと考える飼い主が増えて来ました。

 

それは室内で飼うことが多くなったからだと言われているんです。犬のトイレのポイントをお教えした方がいいのです。犬を習慣づけるために号令を決めておくと良いようです。「トイレ!」と言えばトイレの時間なのだと知らせてやると言う事になります。

 

これは「お手」「おすわり」と同じことなのです。子犬の時には周囲の環境に合わせて排泄を我慢することなどはできません。しかし、号令に合わせてティッシュなどで臀部を拭いてやると、排泄しやすくなるのです。

 

もちろん、1回でできるようになるわけではないんです。地道にしつけをすることが大切です。トイレの号令は子犬だけではなく、成犬になってからもしつける事ができるでしょう。

 

老犬になってしまった場合にはトイレでの排泄が可能でなくなるケースがあるのではないでしょうか?それでも号令によっても体が動くのでしょうか?

 

犬の年齢は人間の4倍以上と言われています。人間と同じように体が衰えてきます。しかし、子犬の時からしつけておけば、いつまでもトイレのことで飼い主を困らせることは無いでしょう。

 

インターネットで調べてみたところ犬のトイレで困っている人が多いようです。それはしつけがうまくできるためいないからです。

 

トイレに限ったことではなくしつけのことをよく理解する事が大切になるのです。そうすれば、飼い主の都合に合わせたトイレでもできるようになるのです。

 

 

犬のトイレを知る

トイレのトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)をするためには犬の習性をよく理解しておかなければならないのです。しつけをする前に相手のことをよく知ることによりす。

 

詳しい犬のトイレのしつけ方はインターネットにたくさんの情報があることでしょう。本を購入してもいいでしょう。DVDを購入してもいいでしょう。基本的なことをご紹介しますね。

 

トイレが大事なのは室内で犬を飼うことが多くなったからです。大きな犬でも室内で飼っている人が多いのです。トイレのしつけは初めが肝心です。犬を飼い始めてからやることはトイレのしつけと言えるのです。

 

しつけをしておかないと、家の中全てがトイレ状態となってしまいます。生まれてすぐに購入したのであれば、その時からしつけなければなりません。初日からの数日間が勝負なのですね。

 

子犬をダンボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)などに入れておきます。そこにはトイレシーツを敷いておくのです。

 

おしっこをしてから部屋の中にいれるようにするのです。犬がトイレに行ってたいと思っているタイミングを逃さないようにしなければならないのです。長時間我慢することはできないのです。そわそわしたり臭いを嗅いだりするようになったら、トイレのサインです。

 

寝起きや食後、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動の後などはトイレに行きやすいようですよ。犬を横から焦らすようなことをしてはいけません。

 

それは人間と同じなのです。焦ってしまうと、出るものも出ませんよね。きちんとトイレが出来たら褒めてあげることが重要です。1週間は頑張っましょう。これがしつけんですね。犬を飼うのは大変ようですよ。

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?