犬のしつけ

シーツがなければトイレをしないのです

室内で犬を飼っている時にはトイレが一番問題となるでしょう。もちろん、家にいる時はトイレシーツの上でさせるようにしつけておきましょう。それができるようになりから、外出させるのです。

 

外出の時には小さなかごに入れている人を見かけますが、トイレはどうやっているのでしょうか?室内でトイレシーツを使うことに慣れている犬は、トイレシーツがトイレの場所であると理解しているのです。

 

シーツがなければトイレをしないのです。外出した時はトイレシーツを持参しておきます。犬の様子を見て、トイレに行きたいようだと思ったならばトイレシーツをだしてやるのですよ。

 

そうすると安心しておしっこ(健康状態を知るために検査することもありますし、妊娠の有無もわかります)をしてくれるはずですね。しつけをしておけば、どのような場合でも安心していいでしょう。

 

人に迷惑を掛けないことが基本なのです。犬を外出に連れて行きたいと考えているのであれば、トイレのしつけは必須だと言うことです。しかし、犬を飼っている人はたくさんいるものですが、しつけのことをよく理解していない人も多いみたいです。

 

インターネットにはたくさんの情報がありますので、それを参考にした方がいいでしょう。しつけをする時に、体罰を与えることも多いのですが、それだけでは犬が人間を恐れるようになるでしょう。

 

恐れは噛みつく行動につながるのだとか。人間と同じように考えて下さい。褒めたりご褒美をあげたりする事によりだんだんと理解するようになります。

 

何をすべきなのかを理解しますのです。トイレのしつけをすれば、どこに連れて行っても安心できるようになっているのです。

 

 

犬ケージとトイレ

室内で犬を飼う時にケージに入れている人は多いのではないでしょうか?まだ小さい犬であればトイレのしつけが十分ではないために、ケージ内でトイレをさせていることでしょうね。

 

一般的にはケージ内でトイレをさせるのではなく、別の所にすべきです。夜にケージ内でおもらしをしてしまうこともありますね。夜は寝る前にトイレを済ませておくといいでしょう。そうすれば、夜中にトイレの必要がなくなるのです。

 

これは人間と同じように考えればいいのです。排泄は動物の基本的な行動だからです。人間の子どもがおねしょをする為あれば、どうやって対策しますか?いかに口で言っても出来ないのです。

 

犬のしつけを考える時に、人間の気持ちになって考えてみるとヒントがあることが多いのではありませんか?犬ケージは小さなものから大きなものまでいろいろなサイズが販売されています。

 

必要に応じてサイズを変更するタイプもありますよ。ずっと室内で飼うのであれば、トイレのしつけはしっかりとしておきましょう。よその人に迷惑をかける訳ではないのですが、家族がいやですよね。

 

最近はペットも家族の一員と考えている人が増えてきました。それならば、ずっと同時にいるための工夫をしなければなりません。しつけについての情報はインターネットですぐに出てくるのです。

 

意外と多くの人が悩んでいらっしゃるのですね。昔のしつけと現代のしつけはちょっとずつ違ってきています。環境の変化によるものかもしれません。いずれにしてもトラブルにならないように注意して下さい。

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?