犬のしつけ

ペットシーツは昔と違ってかなり安くになっている

動物にとって排泄行為は必要不可欠なものですから、飼っているペットの糞の後始末をしなければならないのです。犬の場合はトイレの場所を教えてやることが大切です。犬のしつけのひとつとしてトイレを固定させるのです。

 

そうしないと部屋の中のどこででもしてしまい、掃除が大変になるのです。犬のトイレにはペットシーツを敷きます。ペットシーツは毎日交換しますから、安い商品を選んだ方がいいかもしれません。でも、犬の体型により一回のおしっこの量はかわりますから、サイズも考慮しておきましょう。

 

子犬用のペットシーツは安いものならば、100枚で600円程度です。一枚当たり、6円ですね。これならば、どんなに利用しも問題になりません。ペットシーツは昔と違ってかなり安くになっているんですね。

 

安い商品の多くは中国産です。国産になってしまった場合にはちょっと高まると思います。600枚で4,500円程度です。それでも1枚当たりは10円未満ですから、ほとんど差がないです。

 

犬の性格によって、シーツの好みがあるようです。気に入ってくれたシーツを見つけたならば、それを継続的に購入するようにしましょう。犬の体型に合わせて、サイズを考慮しておきましょう。

 

それから、オスの犬の場合だったら足を上げておしっこをしますので、シーツからこぼれてしまうことも多いようです。そんな時にはトイレに壁が付いた形の物を使用してください。

 

近年はボックス型のトイレも出てきました。犬が不安がなくトイレで用をたせるように配慮したものですね。しつけることで犬のトイレの問題は解決出来ますよ。しつけの正しい知識を持つことが大切になるのです。

 

 

犬小屋

犬小屋の位置とトイレの位置は離した方がよいと言われています。屋外で飼っている場合は臭いが気になるわけではないんです。しかし、庭の中ならどこでもいいと言うことではないので、ここがトイレなのだとわからせておくことが大切なのです。

 

野生の犬の場合は尿の臭いで巣の場所が分かってしまわないように、巣から離れたところで用をたします。習性として巣から離れたところをトイレとするのです。しかし、人間に飼われている犬の場合は、しつけをしない限り固定したトイレの位置を覚えありません。

 

犬小屋やケージを清潔にするためにも、日常的にいる場所とトイレは離しておく事が必要なのです。トイレのしつけは犬を飼い始めた最初に行わなければなりません。1か月が目安です。

 

犬がトイレに行きたくなったと思ったのならね、トイレと決めたところに連れて行きます。朝起きてすぐ、食後2時間くらいでトイレに行ってたくなるはずです。トイレに連れて行く時には号令を決めておくと良いでしょう。

 

別に大きな声で言わなくてもいいですが、「トイレ」「おしっこ」など言葉を決めておくことです。それによって条件反射が生じます。トイレの時間ではなくても、自分でその気ようですよ。

 

また、犬だけを置いて、外出する時などもトイレの場所を覚えているのです。犬の様子をみて、トイレに行きたいかどうかはわかりますが、そのためには常に注意を支払っておく必要があります。犬のしつけをする為には飼い主も根気がいるのです。

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?