犬のしつけ

犬は特定の場所でトイレをする習慣がない

犬のしつけではトイレをうまくできないことが多いようです。犬のトイレについて考えてみてください。飼い主の中にはトイレのしつけで苦労行っている方が多いようです。しつけは焦らずにゆっくりと教えましょう。

 

まだ十分教えてもいないのに、どうしてトイレができないのかとイライラしてしまいいる飼い主がいらっしゃるかもしれませんね。しかし、よく考えて下さい。人間でもトイレができるようになるには時間がかかるのです。

 

紙おむつは何歳で外しますか?犬は特定の場所でトイレをする習慣がないのですから、しつけには時間が掛かるのです。犬にトイレのしつけをする時に注意しなければならない場合もあるらしいです。

 

それは犬にとってトイレの場所は重要であるということです。家の中でならどこでもいいと思っていありませんか?人間でも安心してトイレに座りたいだといえるのではないでしょうか?

 

それは犬も同じと言われていますね。まずはトイレシートの上でおしっこをする事を覚えさせましょう。それから、シートの場所を変えてみると言われていますね。場所を探す簡単な方法は、部屋中にトイレシートを敷き詰めることです。

 

そうすると犬はその中の特定の場所でするのです。そこが犬なりにお気に入りの場所になりますよ。数日間これを繰り返します。不要な場所のシートは取り除いて構わないでしょう。

 

昔のしつけは体罰などを与える事で犬にしてはいけないことを教えていました。ちかごろのしつけの仕方は変わってきたかもしれませんよね。褒めてやるだと言われているんです。
人間と同じです。

 

褒めることで喜びを感じるのです。犬は飼い主に褒められたいと願っているのです。それを上手にしつけに使用するのです。

 

 

犬のトイレをしらべる

犬のトイレはしつけの問題です。インターネットや書籍で犬のしつけのことを調べましょう。しつけのこともよくわからずに犬を飼い始めた人が一番困るのがトイレです。室内で飼うからにはトイレの場所を理解させなければ、部屋中がひどい汚れになってしまいます。

 

その為にケージに閉じ込めておかなければならなくなります。犬のトイレ用にはシーツを使用します。おしっこを吸いとってくれるのです。シーツのある場所がトイレだと認識させるのですよ。

 

最初からそれがわかっている犬などいありません。飼い主が教えてやらなければならないのです。トイレ以外の場所でおしっこ(健康状態を知るために検査することもありますし、妊娠の有無もわかります)をするケースもあるかもしれませんね。

 

その場合、現行犯なら叱っましょう。そうでなければ叱ってはいけません。犬には叱られた理由がわからなくなるからです。トイレ以外の場所はトイレの臭いがしないように、きれいに掃除しておいてください。

 

尿の臭いがトイレだと言う事は犬には分かるなのではないでしょうか?トイレのことが問題だと思っていても、それ以外のしつけにも問題があるケースも多いようです。しつけのことをしっかりと調べてください。

 

それは飼い主の責任ともいえるになるものです。犬はしつけにより飼いやすくなる動物です。その他の動物とは大きく違っていることによりすね。そこが犬好きの人にとっての魅力なのでしょう。

 

しつけは飼い主によっても大きく変わってきます。それが分かっていますからあれば、あなたもしつけを頑張ってください。トイレはそのしつけの中で自然とできていくことでしょう。


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?