犬のしつけ

トイレはトレー型とボックス型があるようです

ペットショップ(最近では、実店舗だけでなく、ネット上の店舗も増えています)や通販サイトでは犬のトイレ用品がたくさんあります。1つのカテゴリーとなっているため、それだけ需要が高いと言うことですね。

 

犬を室内で飼う時には、トイレシーツを使用するのが一般的です。使い捨ての紙おむつと同じ構造です。トイレはトレー型とボックス型があるようです。トレー型の場合はおしっこがはみ出さないように壁が付いているものがあるかもしれません。

 

自分が飼っている犬に合わせて購入すると良いのでしょうか?通販(家にいながらにしてほしいものが買えるのは便利ですね)ウェブサイトにはたくさんの犬用トイレが売られているためす。価格はそれほど高くありません。2,3千円ですね。

 

もちろん、高いトイレもあります。トイレの形よりもしつけによって、部屋を汚さないように上手にトイレができるようになるでしょう。人間の子供と同じのです。教えられることによりやり方がわかります。

 

言い換えれば、教えられなければいつまでもわからないままかも知れません。飼い主の役割としてトイレのしつけがあるのです。しつけがしやすいトイレも売られています。トイレを作っているメーカーもいろいろと売り上げを伸ばすための工夫をしているのです。

 

基本的には古くから犬のトイレは変わっていません。これからも大きく変わることはないでしょう。でも、飼い主としては新米の人が多いですから、犬のトイレはいつまでも悩み事になるのです。

 

犬を飼ってはじめて知る事が多く存在しています。ですから、口コミサイトで質問することは恥ずかしくありません。素直に知らないと言いましょう。

 

 

犬のトイレシート

購入するペットに応じてトイレの処理は行わなければなりません。犬のトイレなんだったら、トイレシートが便利なようです。トイレシートは人間の紙オムツと同じ原理です。単なるシート状の紙オムツ(紙オムツには、テープタイプ、パンツタイプなどがあり、子供に人気のキャラクターがあしらわれていることもあります)と考えればいいはずです。

 

商品はいろいろな種類があります。値段とサイズで決めるようにしてください。注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)しなければならないのは1回のおしっこの量に合わせたものでなければならないことです。

 

おしっこが多過ぎると、吸い取れなくなるからです。また、犬によっては一度使ったトイレシートを嫌がるようです。匂いがついているからはずです。トイレシートは洗って再利用することは出来ません。

 

使い捨てとなるので、単価が安い商品を選ぶようにする事となります。また、犬だけを家の中にのこして留守に行うことと、日常的に人間といる場合ではトイレの処理が違ってきます。

 

トイレシートはケースに合わせて使い分けるなさってくださいね。たくさんの水分を吸収できるタイプと少量しか吸収できないタイプがあるからです。しつけの悪い犬の場合、トイレシートに噛み付いてしまいますよね。

 

引きちぎってしまうのです。このような悩みを抱えている飼い主もいますね。それはトイレの問題ではなく、しつけの問題です。犬はしつけさえきちんとしておけば、従順です。教えなければどういう犬でもトイレができないのです。

 

しつけに関する情報は多?存在しています。インターネット(使いこなせるようになるまでには、それなりの勉強が必要になります)で検索すると?多く出てきますね。室内で飼うのであれば、しつけを最優先にしましょう。

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?