犬のしつけ

2つの違いを見極めると非常に楽です

しつけをする前に、覚えてきたいこと

これからいろんなトラブルをどうしつけしていくか学んでいくと思います。

 

その前に、基本となる「マテ」と「ヨシ」を覚えさせましょう。

 

まず、「マテ」です。
これは、何があっても待ちなさいということを伝えるための言葉です。

 

食事をするとき、動いては行けない時。
様々なことに対応してきます。

 

トレーニングとしては、あなたの左側に犬を座らせ、カラーの部分をもって、「マテ」を何度も繰り返しましょう。その時、あなたは犬の周りを回りながら、この言葉を繰り返すのです。

 

初めはきょとんとするかもしれませんが、一体「マテ」という意味がなんなのか分かり始めると、覚えはじめた証拠です。

 

慣れてくると、「マテ」と合図をしたまま、あなたはその場からいなくなり、犬の様子を見てみましょう。

 

動き回らずに待っていることができたら、褒めてあげましょう。

 

次に「ヨシ」です。
マテのあとには必ずヨシが必要です。

 

マテができたら、必ずこのマテをほどくためにヨシといってあげましょう。

 

そうすることで、「マテ」と「ヨシ」がセットになっているということを犬自身が学習するようになります。

 

⇒ ダメ犬しつけ王選手権パーフェクト優勝森田誠さんの犬のしつけDVD
⇒ 子犬しつけ王選手権連続優勝遠藤和博さんの犬のしつけDVD
⇒ 日本一のカリスマ犬訓練士藤井聡さんの犬のしつけDVD

 

子犬から育てる場合の注意点

多くの人が子犬から育てていくことでしょう。

 

その時にぜひ、気をつけて欲しいことがあります。

 

それは「甘やかしすぎないこと」です。

 

特に、生後何ヶ月かはお母さんから離れると寂しくて夜に「くん、くん」といって鳴いてしまいます。

 

聞くだけで、あなたは側にいきどうしたの??と抱きかかえたくなることでしょう。

 

しかし!!!

 

これがもっともやってはいけないことなんです。

 

一度これをしてしまうと、子犬は「鳴けばまた来てくれる」と思うようになります。

 

そうすると、夜泣きがなかなか直りません。

 

外で飼うと決めている場合も、子犬だからといって家の中にいれてしまうと、二度と外では飼えない犬になってしまいます!

 

気をつけてくださいね。

 

⇒ ダメ犬しつけ王選手権パーフェクト優勝森田誠さんの犬のしつけDVD
⇒ 子犬しつけ王選手権連続優勝遠藤和博さんの犬のしつけDVD
⇒ 日本一のカリスマ犬訓練士藤井聡さんの犬のしつけDVD

 

犬の性質を理解しておこう

犬は、自分よりも偉いかそうでないかによって様々な行動にでます。

 

ここで、犬があなたに服従しているか、それとも自分の方が優位だと感じているのかを分かる方法をお教えします。

 

服従している場合

  • 犬が目をそらす
  • あなたの顔をなめたり、甘えてくる
  • お腹をみせて、なでててほしいとアピールしてくる

 

 

自分の方が優位だと示している場合

  • 飼い主をにらむ
  • 飼い主の脚にのってくる
  • 口にくわえている物があれば決して離さない
  • 触ろうとすると逃げる
  • 耳を立てて威嚇している

 

この2つの違いを見極めておけば、犬のしつけをする際にとっても有効的です。

 

ぜひ、活用してみてください。

 

⇒ ダメ犬しつけ王選手権パーフェクト優勝森田誠さんの犬のしつけDVD
⇒ 子犬しつけ王選手権連続優勝遠藤和博さんの犬のしつけDVD
⇒ 日本一のカリスマ犬訓練士藤井聡さんの犬のしつけDVD

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?