犬のしつけ

トイレでしなかった→相手にされない

犬を家族の一員として迎えた場合、最初に始める躾がトイレトレーニングですよね。では、トイレトレーニングとはどうやって行っていったらいいでしょうか?

 

子犬はどこにでもオシッコをしてしまいます。しかし、この時期が一番トイレを教えるのに好都合な時期でもあります。まず、「犬はいつオシッコをしたくなるか?」を考えてみます。寝起き、食後、運動後などが多いです。

 

その頃を見計らって、トイレに連れて行きます。犬によっては、排泄前にソワソワする素振りを見せることがあります。最初は失敗しないよう、サークルでトイレを囲ってあげてもいいでしょう。そして、オシッコをするまで待ちます。

 

オシッコをすることが出来たら、おやつを与えて十分に褒めます。犬はトイレでオシッコすることで、おやつが貰える・褒めて貰えると学習します。ある程度上手に出来るようになったら、トイレを囲っていたサークルを外してみましょう。

 

トイレも少しずつ移動してみます。それでも失敗しなくなったら、トイレは排泄する場所と犬自身が認識できたことになります。逆に、失敗しても、怒るのは犬にとってマイナスイメージでしかありません。

 

オシッコをしたこと自体を怒られたと思い、隠れて用を足すようになりかねませんから止めてください。オシッコに失敗したら、犬をケージに入れ、背を向けて無言で片付けるようにしましょう。

 

トイレ成功→いいことがある。トイレでしなかった→相手にされない。これを認識させることが重要です。一日、二日では完璧にはなりませんが、継続してやっていくうちに、上手くトイレですることが出来るようになります。

 

⇒ ダメ犬しつけ王選手権パーフェクト優勝森田誠さんの犬のしつけDVD
⇒ 子犬しつけ王選手権連続優勝遠藤和博さんの犬のしつけDVD
⇒ 日本一のカリスマ犬訓練士藤井聡さんの犬のしつけDVD

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?