犬のしつけ

与えてはいけない食べ物に気をつける必要がある

犬の健康について、病気にならない餌の与え方についてご紹介したいと思います。昔は犬の餌と言えば、余ったご飯に味噌汁をかけて・・・といった感じだったと思いますが、こんな風景は今やあまり見ませんよね。

 

実際には人間には良くても、犬に与えてはいけない食べ物だってあります。犬が健康で病気にならないためには、やはり犬用に作られたドッグフードを決められた量与えるのが一番ベストです。

 

人間にも適正な摂取カロリーがあるように、犬にも適正な摂取カロリーがあります。ほとんどのドッグフードには、適正量が記されてありますから、それを目安にしてください。与える回数は一日1回、または2回に分けて与えてもいいでしょう。

 

犬の餌にもドライタイプ、モイストタイプ、ウエットタイプタイプとありますが、ドライタイプが一番保存性に優れています。歯の健康のためにも、ドライタイプがオススメです。

 

しかし、水分は非常に少ないので、必ずたっぷりの新鮮な水を一緒に与えるようにしましょう。

 

犬用におやつもたくさん売っていますが、おやつは犬の偏食を生み、栄養バランスが崩れてしまう原因になります。時々は構わないでしょうが、与えすぎないようにしましょう。

 

また、人間の食べ物の残りを与える際は、犬に与えてはいけない食べ物に気をつける必要があります。塩分の高い物や唐辛子、胡椒、わさびなどの香辛料は絶対に与えてはいけません。タマネギやチョコレートも、犬には厳禁の食べ物です。

 

糖分の多いお菓子も虫歯の原因になりますから、犬には向いていません。それに、食中毒を防ぐためにも、食べ残しはすぐに捨てるようにしましょう。

 

⇒ ダメ犬しつけ王選手権パーフェクト優勝森田誠さんの犬のしつけDVD
⇒ 子犬しつけ王選手権連続優勝遠藤和博さんの犬のしつけDVD
⇒ 日本一のカリスマ犬訓練士藤井聡さんの犬のしつけDVD

 

犬もアレルギーになる

最近人間だけじゃなくて犬にもアレルギーが発症する様になってきたって知っていましたか?アレルギーとは体内に抗原となる物が入ってしまい免疫機能が駄目な方に反応してしまう事を指しています。この抗原(異物)と言うのは犬によって違うそうです。有る特定の食べ物、ハウスダスト、タバコ、コットン、雑草、花粉、金属、紫外線等が有ります。

 

これだけ見てると人間と同じですね。これらの内の1つだけではなくて複数重なる事もあるそうなので気を付けて見ておかないといけません。自分の愛犬にはアレルギーが無いと思っていても与えていないだけであって、犬のアレルギー科が有る病院(通常は動物病院)で調べてみると陽性反応が出る事が結構有る様です。

 

但し犬にはその抗原に対する免疫が備わっています。その免疫に大抵抗原の量が一定ラインを越えた時点で発症すると言う事になるのです。アレルギーの症状が発症するのには体調やストレスも関係が有るそうで、普段は卵や肉など食べても大丈夫なのに、体調が悪い時に食べると症状が出てしまうと言った事があるそうです。

 

犬のアレルギーは皮膚炎が多いそうで、食物性、接触性、アトピーと言う様になっているそうです。犬は自分で症状を言えませんので飼い主が常に見てあげておかしいと思ったら直ぐにアレルギー科が有る様な病院に行ってみましょう。

 

こうした皮膚炎は柔らかい部分に出来てしまいがちです。舐めたり掻いたり犬がする事で症状が悪化する事が有りますので、病院に一度行って診て貰いましょう。

 

⇒ ダメ犬しつけ王選手権パーフェクト優勝森田誠さんの犬のしつけDVD
⇒ 子犬しつけ王選手権連続優勝遠藤和博さんの犬のしつけDVD
⇒ 日本一のカリスマ犬訓練士藤井聡さんの犬のしつけDVD

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?