ペット保険

1000円以下のペット保険にはデメリットも・・・

ペット保険には毎月の掛け金をそんなに高くかけたくないと思っている人は、ペット保険で、毎月の掛け金が1000円以下でかけられるペット保険に申し込むといいかもしれませんよ。ペット保険で保険料の掛け金が千円以下なのは犬友クラブのジュニアプランというペット保険がおすすめです。

 

このペット保険は、犬の場合には9歳から10歳でも月1000円で加入でき、0歳から5歳なんだったら月々680円と言う価格でペット保険に加入することが可能です。

 

ペット保険の犬友クラブジュニアプランは毎月1000円以下の保険料の掛け金なのに、継続加入2年目以降は何と医療費の保障率が50パーセント負担から70パーセント負担にUPするというのも嬉しいですね。

 

しかもずっと特約というものを選べば、保障率は75パーセントまで引き上げられますから、これはかなりお得なペット保険かもしれませんよね。しかし犬友クラブジュニアプランは毎月の保険料の掛け金が安いので、それなりにデメリットも発生しています。

 

内容をよくみてみると、保証される範囲が狭いことに気がつくのです。保障内容があまりあまり揃っていないことで掛け金が毎月1000円以下なので、その点を理解してたうえで加入して下さい

 

ペット保険

 

ペット保険の歴史

ペット保険と言うものは、とても犬をかわいがっている女性が始めたのがきかっけでアメリカやカナダ、オーストラリアといった欧米でペット保険は広まっていきました。

 

今はイギリス(大英帝国として栄えた時代もありました)やアメリカにはペット保険は大半のペットを飼っている人が加入していることでも知られていて、ペット保険会社だけじゃなく、銀行などでもペット保険に加入できるようになっています。

 

日本でペット保険ビジネスが参入してきたのは、まだ今から十数年前のことで、共済としてペット保険は始まりました。動物病院とペット保険会社との間で色々と問題が生じてきたために、欧米ほどはペット保険の普及が進みませんでしたが、日本でもじわじわとペット保険の普及率は高くなっているのです。

 

ここ数年でペットを飼うことがブームになっていますので、一時期下火になっていたペット保険も注目されるようになったんです。ペット保険というのは、日本での歴史はとても浅いのですが、欧米ではすでに進んで行われていた保険制度です。

 

日本の保険は海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)外の保険とは違ってペット保険は法律によって許可が決められているでしょうね。ペットを飼っている人は、ペット保険に入った方がいいと思ってはいますのですが、なかなかペット保険の認知度が低いために実現していないのが現状なんです。

 

ペット保険

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?