ペット保険

年齢制限のないペット保険をおすすめします

ペット保険に加入するにあたっては10歳という年齢は実は1つのボーダーラインです。ペット保険会社により、ペット保険に加入できる年齢が決められていて年齢制限のあるペット保険もあるそうです。

 

たとえば大手のペット保険や共済でも、猫は10歳までとか、犬でも猫でも10才までと決められているところが多いですね。

 

10歳11か月までに加入すればいいのではなくて、保証期限が10歳11か月となっていますから、犬でも猫でも10歳を過ぎてからの方が老化などが進んで病院へ行く機会も増えるというのに、ペット保険に加入できないというのが現状です。

 

ペット保険に加入するにあたり1つめ安になっている10歳という年齢とはいえ、当たり前のことですがペット保険の中には、年齢制限が一切ないところもありますから、年齢制限がないペット保険会社を選ぶようにすれば、10歳を過ぎた後も、何歳になってもペット保険の保障を受けることができるので安心です。

 

ペット保険も人間の保険と同じように、これからの事を考慮して、保障は一生涯続いているようなペット保険を選びたいようですね。そうなると10歳までと年齢制限されているペット保険では保障が途切れてしまいらっしゃいますから年齢制限のないペット保険をおすすめします。

 

ペット保険

 

ペット保険の猫

ペット保険は犬だけではありません。猫にもペット保険をかけることが可能です。一般的にペット保険といえば犬や猫を対象にしているものが多いのですが、近年は犬や猫以外のペットを飼う人も増えていますので、小動物が対象のペット保険商品何度も登場しているのです。

 

ほとんどのペット保険は犬と猫には必ずといっていいくらい対象となっていますから猫を飼っている人も、ペット保険に加入しておけば、猫が万が一病気になったり、けがをしたと言った場合でも安心して医療を受ける事が可能で医療費の心配をする必要がないと言われているようです。

 

たとえば猫がペット保険を使った事例を紹介したいと思いますが、猫も下痢や嘔吐をすることがあります。

 

猫の下痢やおう吐は出血性胃腸炎などが考えられるのではないでしょうかが、その場合は入院治療に4日ほど時間が掛かって、その場合病院や症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)にもよりますが40000円弱ほど医療費がかかってしまうことが一般的です。

 

こんな時でも4万円と言う大金を医療費として支払わなくても、ペット保険に加入していれば、入院日数の日額5千円支給してもらえるところともなると4日間で二万円の支給がありますので二万円の負担で済むという事になります。猫でも医療費はかかりますから猫もペット保険に入っていると安心だと言われています。

 

ペット保険

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?