犬の洋服

犬の浴衣なども市販されているくらいです

「オリジナルの犬のお洋服」の項で触れましたように、世界に一着しかない犬のお洋服を作る手段として、リメイクがあります。リメイク服を作ってくれるネットショップもたくさんあり、Tシャツやタンクトップですと1,500円くらいから作れるようで、思っていたより断然安いようです。

 

ご自分でリメイクされる飼い主さんもたくさんいらっしゃいます。やはり元が要らない服だと勇気が出るのでしょうか?お洋服作りは初めてだと言う方もたくさんチャレンジされています。そういった方向けにリメイク教室なども開かれており、リメイクは盛んにされているようです。

 

主に大人用のTシャツなどがリメイクの基になっているようですが、小型犬へのお洋服でしたらサイズアウトした子供服なども可愛い素材になるのではないでしょうか?子供服は親としては思い出が詰まっていて中々捨てられないものです。それを子も同然の愛犬がもう一度着てくれたらきっと嬉しく思うでしょう。

 

他に柄が年相応ではなくなった浴衣などもリメイク素材に選んでみるのも面白いかもしれませんね。犬の浴衣なども市販されているくらいですし、作るのは難しいかもしれませんが愛犬が可愛く着こなしてくれれば手間も報われます。

 

私としては案外家のどこかに眠っている時代遅れのスキーウェアも良いのではないかと思います。もともと撥水加工もされているでしょうから、レインコートもしくは雪の日のお外遊びにと活躍するのではないかと思いますが、いかがでしょう。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

 

犬の帽子

犬用の帽子を最初見た時、どうやって外れないようになっているのだろうと疑問でした。形にずいぶん工夫がこらされているのですね。アゴ下と耳後ろにベルトを回しずれないようになっているのです。ちゃんと犬が耳に不快感を覚えないような形になっているので安心ですね。

 

帽子の種類にはハット・キャップ・ハンチング・パイロットキャップなどがあり、素材も夏物のメッシュから冬に暖かいニット素材まで人間用と変わらずたくさん用意されています。お洋服と合わせてコーディネートしてあげれば、可愛らしい事間違いなしです。

 

お洋服に加え、帽子も用意しておくと夏の暑さ対策も冬の寒さ対策も抜かりがないですね。特に日差しの強い夏はかぶせてあげると良いと思います。

 

オシャレ帽子以外にサンタ帽やウサギの耳つき帽子のようなかぶり物もたくさんあって、見ていて大変和みます。干支のかぶり物が12種類全部売られていたら、愛犬家の年賀状は毎年かぶり物をした愛犬の写真になるのではないでしょうか?けっこう売れると思います。

 

他に帽子とは少し違いますが、スヌードと言う長毛の犬や垂れ耳の犬のための耳押さえのようなアイテムもありました。腹巻を首から耳部分にかけて装着したような感じといったら分かっていただけるでしょうか?

 

食事時やお散歩時に耳や毛がだらりと前に垂れ下がらないようになって便利そうです。ただとても見慣れない形のアイテムなので初めて見るときは驚くと思います。

 

犬の頭部分につけるものだけでもたくさんのものがあります。次はどんなアイテムが出てくるのでしょうね。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?