犬の洋服

犬は常に冷えやすく熱しやすい場所にいる生き物なのです

暑さ対策ならば何も着せないのがいいのではいかと思われる方もいらっしゃると思います。しかしむしろ犬はもともと被毛がありますから暑がりかも知れません。となると、逆にお洋服や小物を使って夏ばて対策をしてあげるべきでしょう。

 

人間用にもよく売られていますが、水で濡らしておくと数時間冷却効果があると言うバンダナが犬用にもあります。また犬のお洋服として、全体的にそういった機能を持つ布で作られたものがあります。

 

犬は人間より断然地面に近い場所にいます。夏場のアスファルトの照り返しは厳しいものがあります。今や街中のほとんどはアスファルトで舗装されていますから、お散歩コースも必然的にアスファルトの道になるでしょう。照り返しの熱から愛犬を守ってあげるためにも前述のアイテムや、特に熱を受けやすいお腹を守る腹当てのようなお洋服を着せてあげると良いでしょう。

 

また夏場の犬のお洋服は紫外線対策と言う意味もあります。犬は肌が人間より断然薄いので紫外線の影響を受けやすいです。特に黒い犬は紫外線を吸収しやすくなっていますから、気をつけてあげましょう。見た目にも爽やかな白のお洋服など可愛いのではないでしょうか?

 

ただ冷却効果のあるお洋服でもUVカットのためのお洋服でも、外でずっと着せていると蒸れますので、時々服をめくってあげるなりして対応してあげてください。

 

夏場は外では暑さ対策のためにお洋服が必要ですが、部屋の中なら中でクーラーの冷えから守るためにお洋服が必要になってきます。腹巻程度でも良いので、何かしらの対策をしてあげましょう。犬は常に冷えやすく、熱しやすい場所にいる生き物なのです。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

 

犬のファッション小物

犬のお洋服以外にそれを引き立たせるような、また更にお洋服の魅力を引き出すようなファッション小物がたくさんあります。

 

髪留め・バンダナ・靴下・レッグウォーマー・帽子・マフラー・リュックといったものがあります。飼い犬なら当然つけているであろう首輪や迷子札なども立派なファッション小物ですね。更にはサングラスやネックレスのような装飾品といったものも見られます。今、犬の飼い主がどれほど愛犬の身なりに力を注いでいるかがうかがい知れます。

 

中でもサングラスは意外にも必要性があるのだと言います。犬がサングラスをして歩いていたら、ちょっと道を譲ってしまいそうになりますね。どんな小型犬でも妙な迫力が出そうです。そのサングラスですが、紫外線避けとして優秀なのです。確かに人間でも夏場の紫外線予防は目からと言います。

 

それは犬も同じなのです。形状はサングラスのようなメガネタイプのものだけではなくゴーグルタイプのものもあり、後者の方がより紫外線避けに効果があるそうです。目の周りにぴったりフィットするだけに犬にとっては違和感を覚えるかもしれませんが、風に舞う粉塵からも目を守ることが出来てよいと思います。

 

草むらに顔を突っ込みたがる犬にも眼球保護のために必要でしょう。紫外線を避けることは将来の白内障の可能性を少しでも下げる事が出来ますので、犬にとっても夏場の必須アイテムになってくるかもしれません。犬用のサングラスを選ぶときはきちんとUVカット加工のされているものを選んでくださいね。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?