犬の洋服

手編みのセーターを作れる方も多くいらっしゃるようです

犬は寒さに強いと言うイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?私も犬は雪の日でも元気に外を走り回るものだと思っていました。ところが犬には毛の生え方がシングルコートと呼ばれるものとダブルコートと呼ばれるものの2種類あり、寒さに強い犬と弱い犬がいるのです。

 

この違いは上毛と下毛の両方があるか、または上毛しかないかによって分かれます。シングルコートは皮膚を保護する上毛しかない犬のことを言います。チワワ、ヨークシャテリア、シーズー、パピヨン、プードル、ボクサーなどが挙げられます。

 

ダブルコートは上毛の他に下毛と言う体温の維持調節に役立つ毛を持つ犬のことです。コーギー、シベリアンハスキー、レトリバー、ポメラニアンなどが挙げられます。

 

原産国や改良地によって違いが出て来るそうで、ダブルコートの犬は寒い季節になると上毛の周りに、やわらかい下毛がびっしりと生えるため比較的寒さに強いはずです。ですが、シングルコートの犬はこの下毛がないため少し寒がりなのです。ですから暖かい室内からお散歩に出ようとした時に震えていたりします。

 

その温度差から守るためお洋服が必要になってきます。急に寒い場所に行くのは心臓にも悪そうなので、寒がりの愛犬を寒さから守ってあげてください。室内でも犬のいる床近くは空気が冷たくなっている場合もありますので、冷えにも気をつけてあげたいところです。

 

冬用の犬のお洋服として、手編みのセーターを作れる方も多くいらっしゃるようです。セーターは難易度が高いと思われる方も、太目の毛糸でマフラーを作るのはとても短時間で出来ますので一度試されてはいかがでしょうか?

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

 

犬のお洋服の海外事情

日本でたいへん普及している犬のお洋服ですが、海外ではどうなのでしょうか?実際に見たわけではありませんが、どうも日本のように犬のお洋服が普及しているわけではなさそうです。

 

海外ブランドの犬グッズを扱っているサイトはたくさんありますが、取扱商品は主に首輪・リード・ハーネス・キャリーバッグがほとんどです。海外の犬のお洋服を扱っているサイトはほとんど見かけません。ハワイのお土産で犬のお洋服をいただいたと言う方もいらっしゃるようなので、まったく犬のお洋服が存在しないと言うわけではなさそうです。

 

数枚ですがお洋服着用のわんちゃんの写真を見たことがあります。日本の犬のお洋服のように可愛らしいものではなく、機能重視であることが一目で分かるようなすっきりした型で、大変かっこよいものでした。犬の靴の項で述べましたように、ドイツの警察犬のように靴を履かせる事が普通である場合もあるようですが、まだまだ一般的に見た目もおしゃれな犬のお洋服と言うのは日本ほど普及していなさそうです。

 

ですが既にたくさん販売されているリードやハーネスなどは柄も豊富でとても可愛らしいものが多いですし、いずれ海外生まれの犬のお洋服もたくさん出てくるのではないでしょうか?もしかしたら日本の犬のお洋服が広まっていくかもしれません。その時はきっと浴衣や着物のような日本独特なものが流行るかもしれませんね。

 

日本から海外へのお土産で喜ばれるものとして和雑貨がありますが、近い将来犬用の和服が喜ばれる時代が来るかもしれません。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?