犬の洋服

ものすごく母性本能をくすぐる存在だと思います

犬のお洋服は小型犬のためにあると言っても過言ではないと思うくらい、店頭でもネットショップでも主に小型犬用のお洋服が多いです。小型犬と言うと有名なところでは、チワワ・シーズー・ポメラニアン・パグ・パピヨン・ダックスフンド・トイプードル・テリア系等がいます。

 

犬のお洋服のネットショップを見ていると、ある犬種に特化したショップもあります。ダックスフンドやチワワが人気のようですね。色々な犬種用にお洋服をたくさん扱っているサイトでも、モデルの犬はたいてい前述の小型犬です。

 

実際に見てみると、小さいお洋服はとても可愛いです。同じデザインのお洋服を比べてみると、小さい方を見て可愛いと感じる方が多いのではないでしょうか?そもそも小型犬と言う生き物は寒くなくても震えているようなイメージがあり、何かを着せて守ってあげたくなります。

 

ものすごく母性本能をくすぐる存在だと思います。小型犬を見ていると、おじいさんおばあさんが赤ちゃんに色々着せたがる気持ちが非常によく分かります。そんな飼い主の心を汲んで、犬服メーカーもたくさんの小型犬用のお洋服を販売されているのでしょう。

 

犬のお洋服を手作りされる方も、小型犬サイズなら比較的作りやすく短時間で作成できるのではないでしょうか?型紙をとる時点で大型犬と小型犬では手間のかかり具合が段違いです。

 

次はいまひとつ普及が進んでいないように思われる大型犬用のお洋服について考えたいと思います。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

 

犬のお洋服の着心地

着心地の良い犬のお洋服とはどのようなものでしょうか?犬のお洋服は本当に多種多様なものが売られていて、どれを選んでよいか分からないという飼い主さんも多いのではないでしょうか?ついつい見た目の可愛らしさで選んでしまうことが多いと思います。それも間違いではないと思いますが、以下の注意点を踏まえた上で可愛らしいお洋服を選んであげてください。

 

まず一番気をつけることは、犬の動きを阻害しないことです。ですから合皮のような伸縮性のないお洋服は避けるべきです。また伸縮性がないお洋服は着せる際に犬も人間も非常に苦労します。

 

人間でも同じようにゴワゴワしているような素材は着心地が良くないですね。ですから、あまりに分厚い素材や前述の合皮などはやめた方が良いでしょう。

 

またボタンなどがたくさん付いているお洋服は犬が気になって噛んだりしてしまうことがあります。そうするうちに服から外れて誤飲の心配が出てきますので、この点も注意して選んでください。犬の噛める範囲に飾りはないほうが良いということです。

 

実際に犬のお洋服の着心地のよさを確かめるすべはありませんが、愛犬がお洋服を着た状態でリラックス出来ているのならば、そのお洋服はきっと着心地がよいのでしょう。愛犬の状態は一番近くで見ている飼い主さんにしか分かりません。常に愛情を持って、愛犬の様子に気を配ってあげてください。

 

寒さ予防のために着せたお洋服で暑くなりすぎてバテてしまった…などと言うことになってしまったら元も子もありませんよ。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?