犬の洋服

ブランド服でも色々なテイストのお洋服がたくさんあります

犬のお洋服の価格は本当にピンからキリまであります。ネットショップを色々見ていると、フリースパーカーが590円から売られていたり、思っていた以上にお求め易い価格が展開されています。

 

これらから犬のお洋服の普及具合が分かります。たくさん売れるからたくさん作ることが出来、単価が安くなるのです。

 

「この価格ならもう一枚色違いで買おう」と思う値段設定がうまくされていると思います。

 

一方、犬のお洋服の世界にもブランドと言うものがあるようです。こちらは前述のフリースパーカーに0を一つ付けても一着すら買えないようなパーカーがたくさんあります。10,000円を超えるお洋服もたくさんあります。高品質の素材を使い、細部にまでこだわったお洋服なのでしょう。

 

首輪やリードも本革が使われていたりします。汚れても良いようなお散歩用にここまで高価なお洋服を着せる方は少ないでしょうが、室内犬だと常にこのようなお洋服を着ているわんちゃんがいるのかもしれません。

 

特別裕福な家庭に飼われている犬でなくても、このようなブランド服を着ている犬はいると思います。親が自分用にはとても買えないようなブランドのお洋服を、子供のためなら買えると言う心境と同じなのでしょう。愛犬をもっと可愛くしたいと言う愛犬家の心は、子供を持つ親の心と通じるものがあります。

 

安価なお洋服でも、ブランド服でも色々なテイストのお洋服がたくさんあります。飼い主さんのお好みのテイストで選び、着心地のよさを考慮した上でオシャレを楽しむと良いでしょう。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

 

犬のお洋服に慣らすためには?

子犬の頃から日常的にお洋服を着ていた犬ならば、お洋服を嫌がることはないでしょう。ですが、大きくなってからお洋服を着せようと思うと、嫌がる子は嫌がります。無理に着せようとすると噛まれてしまったりすることもあります。

 

人間の赤ちゃんも裸にするとよく手足を動かします。同じように犬も何も身につけない状態が楽で良いのかもしれません。ですが、今までも述べてきましたように犬のお洋服にはたくさんのメリットがあります。ですから飼い主さんも愛犬のためを思ってお洋服を着て欲しいと思うのでしょう。

 

愛犬がお洋服を嫌がる場合、まずはお洋服を着たらご褒美がもらえると教えるのはどうでしょう。お洋服を着たらオヤツをあげると言った具合に、犬にもお洋服を着るとメリットがあると思わせると喜んで着てくれるかもしれません。あるいはお散歩と言うご褒美をあげてもよいかもしれませんね。

 

ご褒美でも効果がなく嫌がると言う子は、いきなりお洋服と言うのはハードルが高いのでバンダナや腹巻のような小物から始めてみてはいかがでしょうか?案外抵抗なく受け入れてくれるかもしれませんよ。焦らず徐々に慣らしていくのが良いでしょう。

 

どうしても嫌がると言う子はもう諦めましょう。犬のお洋服自体がその子のストレスになるのでしたら、どれほど犬のお洋服にメリットがあると言っても、嫌なことを無理強いする飼い主と思われるデメリットの方がはるかに大きくなってしまうでしょう。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?