犬の洋服

愛犬家のつながりと言うのは暖かいもの

オーダーメイドサイトでオリジナルのお洋服を作るのも魅力的ですが、裁縫を嗜まれる方ならご自分で作りたいと思われるのでしょうか?そういう方が世の中にはたくさんいらっしゃるのでしょうね。犬のお洋服の作り方の本などが多数出版されています。また無料で犬のお洋服の型紙をダウンロードすることが出来るサイトがたくさんあります。

 

中には手順ずつ画像があり、とても分かりやすく解説してくれているサイトもあります。作りたいけれど、ミシンを持っていないので断念せざるを得ないと言う方も手縫いで作ることの出来るレシピやキットなども販売されています。裁縫はしたことがないけれど、愛犬のためならチャレンジしたみたいと言う方は動画マニュアルが用意されているレシピを購入される事をお奨めします。

 

動画で見ることが出来るのであれば、本のレシピと格闘しながら作っていくよりは断然分かりやすいと思います。それこそ世界で1着しかないお洋服が作れるわけです。

 

私でしたらパピヨンのような小型犬にフリルのたくさんついたお洋服を作ってみたいですね。作るのは大変でしょうが、達成感や愛着は既製品の何倍も得られるのではないでしょうか?

 

型紙の無料サイトを見ていて、愛犬家のつながりと言うのは暖かいものだと感じました。「私が作ってみて可愛かったので、あなたにも情報を提供します」と無料で公開してくれるのは同じ愛犬家に向けた優しさだと思います。ダウンロードして可愛く作れた暁には、ぜひそのサイトにお礼のメッセージを送ってあげてほしいと思います。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

 

犬用スリング

人間の赤ちゃん用には最近とてもよく見かけるスリングという存在ですが、今は犬用もあるのですね。小型犬の愛犬家の間ではもう常識のアイテムになっているそうです。形状としては大きな布を輪状であり、人間が肩から掛けお腹の前くらいの位置に犬を収納して使います。春夏秋冬それぞれの季節ごとによってメッシュ素材のものや、綿入りのものなどがあります。

 

犬のお洋服同様、生地の素材もたくさんあれば柄も色々なものが出ています。スリングはどちらかと言うと飼い主さんのオシャレに影響してきますので、どんなお洋服にも合いやすい無難な柄が人気のようです。

 

さて人間用と犬用では違いも少しあります。抱っこをすると言う目的では同じなのでほぼ同じ形のものもありますが、中身は犬です。飛び出さないようにフタ付きのものがあります。フタと言っても硬いものではありません。犬の顔を出すスリング上部についていて、とても通気性の良いメッシュ素材で出来ており、巾着のようにぎゅっと絞って閉じる事ができるようになっているのです。

 

さらには万が一の飛び出し防止のためにも首輪とスリングをつなげるフックなども売られています。フタ付きのスリングは公共機関を利用する際に使うようですが、最初は中身の分かりやすいペットキャリーの方が周りの人間は安心するのではないかと思いました。

 

しかし赤ちゃんと同じように犬も抱っこされているととても落ち着いて眠ったりするそうなので、キャリーを嫌がって車内でキャンキャン吠えているよりは断然スリングで眠ってくれたほうが飼い主さんも居心地の悪い思いをしなくて済みますね。

 

それに布で覆っている状態になるので毛の飛び散りがかなり防止され、毛アレルギーなどの人の迷惑にもなりにくいかと思います。飼い主さんの両手も空いて、とても便利なアイテムですので抱っこ好きの愛犬がいる方は試されてはいかがでしょうか?

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?