犬の洋服

体にフィットするような隙間の少ないお洋服が

可愛いですよね。犬のお洋服。特に小型犬が着ているのを見ると、可愛いと抱きしめたくなります。ペット用品を置いているお店に行くと、大抵のお店では扱っているのではないでしょうか?それはもう多種多様なお洋服があります。髪留めのようなものから、バンダナのような小物、レインコートや着ぐるみのようなお洋服まであります。

 

雨の日でもお散歩が欠かせない犬なら、レインコートが必要であるのは分かります。実際、雨の日はレインコートを着ているわんちゃんをよく見かけます。大きい犬ほど着ている率が高いような気がしますね。特に長毛だと濡れたら後で拭いたりするのが大変なのでしょう。

 

しかし犬にお洋服を着せるのは何故だろうと思っていました。ただただ可愛らしさを引き立たせるためなのでしょうか?と思っていた矢先、親戚のおうちのロングコートチワワちゃんがお洋服を着ていたときのこと。

 

手足顔を除く全身をすっぽり覆うようなお洋服を着ていて、すごく可愛らしかったのです。「すごく可愛いですね」と話していたら、飼い主さん曰く「このお洋服は可愛いけれど隙間から毛が落ちてきて意味がない」とのことでした。

 

犬のお洋服は可愛らしさを求めるだけではなく、抜け毛対策でもあったのです。思っていたより断然実用的な用途のためにあったのだとびっくりしてしまいました。

 

それ以来、犬のお洋服を見る目が少し変わりました。体にフィットするような隙間の少ないお洋服がきっと飼い主さんも喜ぶのだろうなと思います。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

 

犬の靴

あまりに犬のお洋服の種類が多いので、犬用の靴なんて物も作られる時代が来るのではと思っていたら既にありました。当然4足セットで売られているので、商品見本写真に靴が4足写っていて最初は違和感を覚えましたね。メッシュ素材のサンダルやファー付きのブーツなど多種多様です。お洋服と同じように「ぴったりのものを作ろう」と言う趣旨からオーダーメイドサイトもありました。

 

犬に靴は必要なのでしょうか?マナーの悪い人間によって道路にはガラスの破片や火のついたままのタバコの吸殻が落ちていたりしますから、踏んでしまいケガをすることを避けたいと言う理由なら分かります。実際ドイツの警察犬は酒場などビンの欠片が多いところをパトロールしたりする際にケガをすることが多いらしく、靴を履いて出動するそうです。

 

私は最初、靴の必要な場面として夏場のアスファルトを考えました。ですが、アスファルトで火傷をしそうな時間帯にお散歩をすること自体が避けたほうが良いことですし、照り返しの熱でダメージは肉球だけに留まりません。

 

それに犬の体温調節の方法をご存知ですか?犬は汗腺が肉球の部分にしかありません。ですから、暑い夏の日に足を靴で覆ってしまうと熱中症になってしまう可能性が高いです。通気性のよいメッシュ素材を謳ったサンダルもありますが、何もつけないに越した事はないでしょう。

 

特別なシーンでお洋服から靴までトータルコーディネートしたい日などに履かせるのはきっと可愛らしいと思います。ただ初めて靴を履いた犬はとても妙な歩き方になってしまいますので、事前に歩行練習が必要になってきますのでご注意くださいね。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?