フロントラインプラス効果の持続性について

フロントラインプラス効果の持続性について

犬、猫の体にノミ、マダニが寄生してしまった場合、フロントラインプラスをおすすめします。その理由は、効果に持続性があるためです。効果が長続きすると何がいいのか?

 

例えば、犬、猫の体にノミが5匹ついていたのを見つけたとします。するとその周りには、ノミの幼虫やサナギ、卵が95匹もいるそうです。

 

この卵が孵化して、幼虫となり、幼虫がサナギ、成虫となり、サナギも成虫となり、後から後からノミがわいてくることになるのです。

 

今、体についた目の前にいるノミの成虫だけに目を奪われていてはダメなのです。一般的な市販薬では、成虫にだけ効果があるため、薬剤投与時に成虫のものだけをやっつけることができるのです。

 

フロントラインプラスでは、1ヶ月とか1ヶ月半、効果に持続性があるため、この間に成虫に育つまでのノミを全てやっつけることができるわけです。

 

効果が短いものだと、成虫になるまで待てず、効果がきれてしまい、あとから孵化したノミ、マダニをやっつけられないというわけです。

 

このように新たに寄生するノミ、マダニを駆除できるフロントラインプラスは、画期的な薬剤であると言えるのです。

 

フロントラインプラス、スポットオンなどの効果が続くわけは、首元に垂らした液剤が犬の皮膚から脂分を伝って全身に広がり、皮脂腺へと蓄えられるからです。

 

蓄えられた薬剤が皮脂と一緒に少しずつ放出されるという仕組みになっています。流れ出た薬剤が、愛犬の体表、被毛に広がっていくそうです。

 

⇒ フロントラインプラスは通販のほうが安かったですよ。

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?