フロントラインプラスと一般薬剤との違い

フロントラインプラスと一般薬剤との違い

ドラッグストア、スーパーなどで「ノミ」「ダニ」をやっつける効果のある殺虫剤などが販売されています。

 

フロントラインプラスより、値段もかなり安くて、手に入れやすいです。ですから十分効果が得られるのであれば、一般の薬剤を使いたいと思う人が多いと思います。

 

フロントラインプラスとの違いは何か、という質問がサイト内にも多く寄せられています。フロントラインプラスと一般の殺虫剤と何が違うのかというと、効果の持続性が大きなポイントだと思います。

 

フロントラインプラスの場合、シャンプーをしてあげたとしてもそのまま薬剤の効果は愛犬についたままです。

 

効果の持続期間は1ヶ月くらいと言われているので、その期間内であれば、シャンプーをしてもずっと薬は残っているのです。

 

一般の薬剤では、シャンプーをすると、薬はほとんど落ちてしまうので、その都度つけなおさなければいけないのです。

 

使い方についても、フロントラインプラスの場合、愛犬の首のところに1箇所垂らせばOKです。しかし一般的な殺虫剤では、3箇所くらいつける必要があります。

 

このような点からみても、多少価格が高くてもフロントラインプラスには、それだけの効果があると言えるのです。

 

さらにスーパー、通販で売っているフロントラインプラスと動物病院で売っているものには成分の違いがあります。

 

病院のものは当然医療用なので、成分濃度が高く、効果も高いと言えます。病院で買うよりもお店で買った方が価格は安いのですが、効果は低めであることを理解しておかなければいけません。

 

⇒ フロントラインプラスは通販のほうが安かったですよ。

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?