犬のしつけ

必然的に躾けの時期と言う物もわかってくる

ペットを飼うことにしたのなら、躾けをしなけれねならないといわれております。人間の子供の場合、躾けは長期間継続して行われます。人間は寿命が長いですから、その分、躾けの種類も多いですし、また長期にわたって人間性というものを身に付けさせなくてはならないのでしょう。

 

犬は、人間と比較すれね寿命がはるかに短いです。病気などしないで生きて、10〜15年くらいが一般的でしょうか。ミニチュアダックスですと14年前後です。

 

それだけの年月で一生を終えることになりますから、そのように考えますと必然的に躾けの時期と言う物もわかってくると思います。早すぎては、なにが何となくわからないのですし、遅すぎると飼い主の方が手がかかって困るでしょう。

 

一般的には、生後5か月くらいから、始めるのが良いと言われています。犬の生後5か月と言いますと、人間に換算して何歳くらいだと思うでしょうか?だいたい7〜8歳なんです。

 

ですから、簡単な躾けを開始してるのにはちょうど良い年齢と言われています。人間の成人と言われる20歳は、犬でいうと一歳半くらいの時期にあたります。1歳半くらいになってしまったら、もう大人として扱っても良いくらいなのです。

 

もっとも飼い主に取っては、愛犬はいつまでも可愛いので、ずっと子供みたいに接するのが普通なのですが・・・。そして、犬の10才なんだったら、人間では56歳くらいにあたります。

 

そろそろ命の終わりを迎えるのかな・・・といった14歳は、人間では72歳くらいとなります。だいたいの目安とはいっても、覚えておくといいですね。あなたの可愛らしいミニチュアダックスについても、この年齢に当てはめて色々と考慮してあげてください。

 

⇒ ミニチュアダックスお手入れ動画

 

ダックスフンドの種類

ミニチュアダックスという小型犬は、ダックスフンドの種類の中のひとつだということは、お分かりですね。その名前から、容易に想像がつくことかになるかもしれません。実際、あの可愛らしい体型をみていても、よくわかりますね。

 

一般的な犬よりも足が短く、胴長に見えます。ミニチュアダックスのことを詳しくお話する前に、ダックスフンドに関して少しお話しようなのではないでしょうか?

 

ダックスフンドには、ミニチュアダックスを含めて三種類のサイズがあるそうです。また、身体の毛質の違いも3種類あるだといえると思います。まず大きさとしては、スタンダードな「ダックスフンド」・・・この種類は7〜15kg程度のもので、やはりミニチュアダックスに比べるとかなりの大きさがあります。

 

そして、「ミニチュアダックス」・・・この種類は4.8kg以下に抑えられたものを言います。お散歩(加齢と共に足の筋肉が衰えてしまうものなので、毎日少しずつでも楽しみながら続けていくと、体力づくりのためにもいいですね)にも連れて行きやすく、一緒に遊ぶにもちょうど良い大きさみたいですよ。

 

さらに小さなタイプもあるそうです。それを「カニヘン」と言います。ミニチュアダックスより小さなカニヘンは、2.3kg以下に抑えられています。犬としてはかなりの小型です。

 

毛質の三つの種類というのは、もっとも人気が高いロングの毛は「ロングヘアード」・・・毛が長くて綺麗に光沢が出ているのが特徴的です。誕生時の姿に近いのが「スムースヘアード」・・・短毛でつやつやな毛質です。

 

「ワイヤーヘアード」・・・口ひげがあることと、あらい毛質が特徴です。これらの毛質に加えて、カラーもたくさんありますから、もしもペットショップでお買いになったならねきは、何軒か見て歩くと良いでしょう。

 

⇒ ミニチュアダックスお手入れ動画

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?