犬の手入れ

人間と同じような背骨を持っていますから

人間も動物の一種ですから、人間以外の動物にもヘルニアという症状が起こることは当然と言えば当然なのですが、犬や猫にもヘルニアが起こるということを気に留めるかたは、そう多くはないようです。ですが、犬や猫であっても、またその他の動物であっても、ヘルニアにはなるのです。

 

家で飼っている犬や猫でも、人間と同じようにもちろんその可能性があります。内臓部分のヘルニアであったり、椎間板のヘルニアであったり、あらゆるヘルニアが当てはまりますが、動物の種類によってはかからないヘルニアもあります。

 

最近では、さまざまな動物を飼うかたが増えましたが、例えばヘビなどは人間のような背骨がないために、椎間板ヘルニアにかかることは有り得ないでしょう。動物というよりは魚類ではありますが、熱帯魚などもそうです。

 

しかし、犬や猫、またはその他の四足の動物たちは、二足歩行ではないものの、人間と同じような背骨を持っていますから、椎間板ヘルニアにもかかります。痛みも出てきますから、飼い主が注意して見ていてあげないといけませんね。

 

 

動物も本当の家族の一員であるとみなすかたが増えました。動物病院の診察料金は、保険が利かない分、人間よりもずっと高いものでありますが、飼っている動物が調子悪そうにしているとなると、即座に病院へ連れて行くのが当たり前のようになっています。

 

動物は言葉をしゃべることが出来ませんから、飼い主が察してあげて、病院でもどこでも連れて行ってあげないといけないのですね。実際、動物病院に連れられてきた動物で、ヘルニアが原因であったという例は、決して少なくありません。内臓部分のヘルニアもありますが、意外と椎間板ヘルニアが多いそうですよ。

 

家で飼う動物でもっとも多いのが犬と猫だと思いますが、犬も猫も、その他の動物も、人間に比べますと、非常に背骨がしなやかな感じがしますよね。とても、椎間板ヘルニアなどという病気にはなりそうもないように見えるのですが、実際にはそうではありません。

 

それは、やはり、どのような動物にもつきものの老化が原因となる場合もあるでしょうし、また、階段がある家で飼っている場合には、その上り下りが頻繁であると、なりやすいと言われています。さらには、人間に抱っこされるのを嫌がるのに、無理やり抱っこをすることで、その腕から逃れようと必死に身体をねじるのも大変、良くないようです。

 

そして、高いところに上り下りしたがる猫も、腰に負担がかかることになりますから、椎間板ヘルニアになりやすいのです。動物ですから、たまには、そのような運動も必要でしょうが、あまり頻繁にやるようでしたら、高いところに登れないようにしたり、階段に登れないようにしたりするのも、ひとつの方法かもしれません。しかし、ペットを思うあまり、がんじがらめにするのも可哀そうですね。良く考えて、お世話をしてみてください。

 

ペット保険

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?