犬の手入れ

愛犬のことを考えるのであれば

犬の洋服に関しては賛否両論あると思いますが、単純に飼い主の自己満足だけのものではないんですよ。つまり、元々お洒落目的で作られたものではないということです。

 

昔は、犬は暑がりというのが定説になっていましたが、様々な犬種が作り出される間に、寒さに非常に弱い犬も出てくるようになりました。また、寒い地域で生息していた犬種と、そうでない犬種では、やはり寒さに対する耐性が違うこともわかってきたのです。

 

このようなことから、特に寒さに弱い小型犬に犬用の洋服を着せる習慣が広まり始めたのですが、他にも色々なメリットがあります。

 

例えば、雌の場合は生理の時には出血しますから、おむつをしなければ室内を汚してしまいます。おむつだけでは見た目がかわいそうですが、上下合わせた服にしてしまえば、かわいらしく見えますよね。

 

また、犬を飼っていると、どうしても抜け毛に悩まされますが、服を着せておけば抜け毛の悩みが軽減されます。それに、ダニやノミなどの寄生虫防止、散歩時の汚れ防止、怪我や自咬などの防止などにも役立つでしょう。

 

それに、子犬の場合には、犬用の服で身体を包まれることで安心感を得られるようです。犬に似合う服の選び方としては、サイズをきちんと測りさえすれば、あとは飼い主の好みに合わせていいでしょう。

 

犬種によっては、あまりにかわいらしい服は似合わないこともあるかもしれません。

 

また、服の色と飼い犬の毛の色の組み合わせによっては、多少は似合う・似合わないということもあるでしょうが、大抵の場合は、どんな服を着ても愛犬はかわいく見えるものです。

 

ただ、愛犬のことを考えるのであれば、汗を吸収しにくい素材や伸縮性のない素材の服は避けてあげましょう。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

 

犬に似合う首輪の選び方

最近は、様々な犬の首輪が販売され、とてもお洒落なものや高価なものも見られるようになりました。中には宝石を埋め込んだものまであるから驚きですね。

 

たくさん種類があるだけに、愛犬に似合う首輪の選び方に困ってしまうという飼い主さんもいるかもしれません。

 

犬の首輪は、首輪をする目的と愛犬の体の大きさに合わせて選ぶというのが基本になります。小型犬の場合には、あまり重い首輪をすると、体に負担がかかってしまいますよね。特に、まだ体重が軽い子犬の場合には注意してあげる必要があるでしょう。

 

逆に、屋外で飼うのであれば、脱走してしまうのを防ぐためにも、しっかりとした耐久性にすぐれた首輪をしなくてはいけません。

 

また、犬の体に対してあまり幅が細すぎる首輪だと、首が絞まって危険なこともありますから、やや太めの幅の首輪が安全だと思います。

 

犬の首輪には、ファッション性を追求したもの、しつけをしやすくしたもの、耐久性を強化したものなど、色々なコンセプトがあります。首輪をする目的はもちろん、犬種や性格に合わせて首輪を選んだ方がいいでしょう。

 

例えば、おちつきのない犬種・性格であれば、しつけ用の引っ張ると首が絞まるタイプがいいですね。ファッション性を追求したかわいらしい首輪は、リードも合わせてコーディネートすると、よりお洒落に見えます。

 

犬のサイズに合わせて首輪選びをしていれば、似合わないということはそれほどないはずです。柴犬やハスキーといった犬種に、キラキラしたアクセサリーのついたピンク色の首輪をしても、飼い主がかわいいと思えば問題はありません。

 

でも、いざという時のために、迷子札や鑑札はつけておいた方がいいですね。

 

⇒ 犬服の作り方動画へ

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?