犬の手入れ

被毛があると眼球を傷つけることになる

犬の目のお手入れはコツを掴んで行うと良いですよ。

 

人間が顔を洗うように、犬も顔を綺麗にしてあげる必要があります。特に目は、毎日のお手入れがとても大切です。目のお手入れを怠ると、どんな症状が起きるかご存知ですか?

 

目のお手入れを怠ってしまうと、涙焼けや涙管の炎症が起きてしまう可能性が高くなりますし、雑菌が目に入ると視力障害を起こすこともあるので、気をつけなくてはいけません。犬の目のお手入れの際は、まず犬を抱きかかえるか、膝の上にのせます。

 

そして、目を傷つけないようにお湯で湿らせたガーゼやコットンなどで目の下を拭くのが、上手に目をお手入れをするコツです。綿棒や清潔な指で目やにを取っても大丈夫なのですが、ティッシュペーパーを使うのはやめてください。

 

ティッシュペーパーは繊維が荒く、眼球の表面を傷つける可能性もあるので、犬の目のお手入れには適していません。また、固まってしまっている目やにの場合は、無理にとると目の周りを傷つけてしまうことになるので、濡らしてふやかしてから取るのがポイントです。

 

犬の目のお手入れには、目やにや汚れをとる以外にも、犬の体調を見るという役目もあります。目やにの量が多くないか、目やにの色に異常がないかなど、お手入れと共に目や目やにの状態を確認することで異常を早期に発見できますよ。

 

さらに、目のお手入れでは目の周りの被毛にも注意しなくてはいけません。被毛があると眼球を傷つけることになるので、目のお手入れの時に被毛の長さも気をつけて見てあげると良いでしょう。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

 

犬の耳の手入れのコツ

犬の耳の手入れは、ちょっとしたコツを知っておいた方が上手にできるはずです。犬の耳の手入れをする時には、まず低刺激のイヤーローションをしみこませたコットンを用意します。

 

コットンが用意できたら、耳の中がよく見える明るい場所で、耳の付け根を持って、耳介と呼ばれる耳の内側を優しく拭きましょう。

 

特に、たれ耳のダックスやビーグルなどの犬種は、耳の中が蒸れやすく汚れも溜まりがちで炎症を起こしやすいので、力を入れずに綺麗に拭いてあげるのが上手に安全に手入れをするコツです。耳介を拭いたら、次は耳の中の掃除です。

 

大型犬の場合は、指にコットンやガーゼを巻きつけ、小型犬の場合は綿棒を利用して行います。この時に、指や綿棒を奥まで入れてしまうと敏感な耳の粘膜を傷つけてしまうので、奥まで掃除しすぎないように気をつけるのがポイントですよ。

 

耳の中を掃除する時は、犬が急に動くと怪我につながりますから、動かないように気をつけてあげてください。犬の中でも特に長毛種は、耳の中にも毛が生えるため蒸れやすくなっており、毛が邪魔で掃除もしにくいものです。

 

できれば、耳の掃除をする前に耳の毛を抜いてあげるといいかもしれません。耳の毛はイヤーパウダーをふりかけ、滑らないようにしてから指で抜いていくのですが、一度に抜いてしまうと痛がったり、出血することもあるので、少しずつ優しく抜いてあげるのがコツです。

 

耳の病気を防ぐためにも、週に一回程度のペースで耳の手入れをしましょう。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?