犬の手入れ

口臭がある場合は虫歯や歯の汚れがある

犬も人間と同じで、歯の手入れが必要です。犬の歯の手入れは、片手で犬の唇をめくって押さえ、歯の表面を指に巻きつけたガーゼで磨きます。

 

さらに、歯の間などを犬用歯ブラシや子供用歯ブラシで磨きましょう。犬は歯茎から出血しやすいので、柔らかい歯ブラシで優しく磨いてあげるのがコツと言えます。

 

また、歯を磨く時は、歯の一本一本を丁寧に円を描くように磨いてあげるのが上手に磨くコツです。特に奥歯や歯の外側は汚れが溜まりやすいので、よく見て綺麗に磨いてあげると良いですよ。

 

犬の歯にも人間同様、歯石が溜まります。歯石を取る時には、スケーラーという歯石を取る道具を使って綺麗に取ってあげてください。

 

犬の歯の手入れは、子犬の時期から歯磨きをして歯磨きに慣れさせておくことが理想ですが、そうでない場合は歯磨きの際に鼻先や口を触られるのを嫌がってしまうことがあります。

 

そんな時は、少しずつ褒めながらコミュニケーションを取って、嫌がらずに口元に触れるように訓練する必要があるでしょう。犬は基本的に人間に比べて虫歯になりにくいと言われています。

 

本来、犬の口は無臭ですから、口臭がある場合は虫歯や歯の汚れがあると考えた方がいいですね。できれば毎日、歯の手入れをするのがベストですが、できない場合には3日に一回くらいを目安に歯の手入れをすると良いでしょう。

 

普段から歯磨き効果のあるおもちゃや歯垢をとる効果のあるガムなどを与えるのも、歯の手入れに役立つと思います。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

 

犬の爪の手入れのコツ

犬の爪の手入れには、ちょっとしたコツがあります。犬の爪は人間の爪と違って、爪の内側に血管や神経がありますよね。そのため、血管が透けてピンク色に見える所まで切らず、3ミリ程度残して切るのが上手に切るコツです。

 

深爪をすると、痛みを伴なったり、出血してしまったりして、今後、爪のお手入れを嫌がる様になってしまいます。ですから、犬の爪の手入れの際は、くれぐれも切る位置に気をつけましょう。

 

犬の種類によっては、爪が黒い色をしていることもあります。血管の位置がわかりにくい時には、少しずつ慎重に切っていき、血管を傷つけないように注意しなくてはいけません。犬の爪の手入れは、月に1〜2回が目安です。

 

爪が伸びすぎてしまうと、伸びた爪で肉球を傷つけてしまい、歩行に影響が出てしまいます。できるだけ定期的に爪の手入れをすると良いでしょう。犬の爪の手入れをする時は、無理に行ってはダメです。

 

一日一本ずつというくらいの気持ちで、無理強いせず、食べ物を与えたり、ほめながら、犬にストレスを掛けないように行うことが大切です。犬も人間と同じで、痛い思いや嫌な思いをすると、抵抗感をもってしまいます。

 

爪の手入れを定期的に行う為にも、無理をしないで犬の様子を見ながら行うようにしてください。また、爪を切る時に足を引っ張らないということも上手に切るコツの一つです。

 

足を引っ張ってしまうと、犬が嫌がって抵抗し、怪我をさせてしまう可能性もありますので、爪の手入れの際には足を優しく持って切ってあげると良いですよ。

 

⇒ トイプードル動画
⇒ ミニチュアダックス動画

犬のしつけDVD人気

ご購入者特典の案内


結局、DVDが3枚に・・・ 2頭のしつけの行方は?